PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

頼れるリーダーになる

こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

210221-8.jpg

お庭が白くなりました!
ZART地方が快晴な頃、アデル君地方は雪。
ゼーゲンも一緒に走りたいって言ってました。

犬の行動学の権威の方曰く、最近の研究で
『主従関係はない』らしいです。

書類の上の研究の詳しいことはわかりませんし、
私が思うそれを『主従関係』と表現することが
正しいのかはわかりませんが、
犬と犬、人と犬の関係にそれはあると思います。

力で威圧する上下関係ではなく、信頼関係。
“慕う”という言葉が正しいかな。

犬同士の動き、人と犬のかかわりの中でも
「犬ってすごいな」と思う動きがたくさん。
犬種や年齢に関わらず、そこには一貫性があります。

まずは犬と犬の関係。

210221-3.jpg

『とくぞう兄さん、初めまして』
やんちゃ盛りのくろまめ君はお散歩レッスン中に
ラブラドールのとくぞう君に会いました。
お散歩に出かけるとくちゃんにお願いして
くろまめ君は他犬に初接触。

好奇心だけでルンルン・グイグイなくろまめ君に
とくぞう君は警戒気味。

210221-2.jpg

くろまめ君の上手ではない接し方に
ボクは関わりたくありません!のとくちゃん。

210221-4.jpg

君とはあそびません!またまた拒否。
威嚇したり攻撃したりするのではなく、
相手の挑発にのらずに無視。
その後、ママ、この子困る!と意思表示。

『とくちゃんありがと、またね!』と言いながら
くろまめ君を引き戻すと、ホットしたように
ママの横を歩き優雅にお散歩に出ました。

まだ犬と接するマナーを知らないくろまめ君でも
とくちゃんならちゃんと接してくれるだろうと思い
絡みをお願いしましたが、さすが!
いらないケンカを避けるため相手にしない、
これができる子ばかりだったらトラブルは
なくなりますよね。
くろまめ君、とくぞう兄ちゃんみたいな男になろうね。

210221-6.jpg

プルーちゃんとカンチ君は初の一緒レッスン。
他犬が苦手なカンチ君と積極的女子なプルーちゃん、
お互いの苦手に対応するいい練習になりました。
前方に立つママ達への真剣な眼差し、いいね!

210221-5.jpg

こちらもお初な一緒レッスン。
エーデルちゃんとくむちゃん。
仲良しなわけじゃないけど、一緒にごろん。

210221-7.jpg

ゼーゲンと福丸君。
このふたりの関係性も一貫性があります。
物心ついた頃からゼーゲンは福丸君と接し、
“社会化”の練習をしました。
小さかった紀州犬はやがてゼーゲンよりも
ずっと大きな体に成長しましたが、
いつ会っても「ゼーゲン兄ちゃん!」と慕います。

人が指示を出さなくても、ゼーゲンの前には出ない、
体はずっと大きく、力も勝っているのに、
ニコニコ顔でゼーゲンに甘えてくる。
嬉しすぎて調子に乗ってゼーゲンに叱られると
「ごめんなさい」とやめる。
反撃したら絶対に力では勝てるはずなのに、
サッと身を引く。

どんなシーンで写しても福丸君は嬉しそう。
一緒に暮らしていなくても、
ここにも“慕う”がちゃんとあります。

210221-1.jpg

大好きなママにギューっと抱かれ、
嬉しさ8割、恥ずかしさが2割のゴンちゃん。
立場が逆転してしまった時期もあったけど、
ママの根気強い接し方で変身中。

210221-9.jpg

「ねえママ、どこに行くの?」
楽しい会話が聞こえてきそうな後ろ姿は
リリーちゃん。
ママとのお散歩レッスンで駅前を歩きます。

今までで一番目が会うお散歩だったと
ママさんが言っていましたが、
リードを引かなくても、都度指示を出さなくても
いい関係を築けたチームはこの姿が当たり前。

いつでも、どこでもカメラを向けたらこんな画像が
普通に撮れるようにしようね。

人間同士でもそうですが、自分が好意をもつ人、
職場の頼れる上司さんには自然と視線を
向けますよね?

怖いから、叱られるからという警戒心からくる
視線ではなく、慕う気持ちから向けられる視線。

可愛い自分の相棒に一方的に眼差しを向けて
満足する飼い方も悪くないかもしれませんが、
私はフッと視線を感じた時に目を向けると
ニッコリ顔な相棒とアイコンタクトがとれる、
そんな関係でいたいと思います。

「これでいい?」
「上手にできたでしょ?」
「不安だけどどうしたらいい?」

事あるごとに犬が視線を向けたくなるような
頼れるリーダーでありたい。

ZARTで学ぶチームさんには
そんな自然なアイコンタクトが“当たり前”で
あってほしいと思います。

| LESSON | 22:51 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://zartkiyose.blog43.fc2.com/tb.php/5376-14e87d6c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT