PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

素直な子がいっぱい

こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

コロナウイルスの蔓延で気ぜわしい毎日です。
早く収束し、普段の生活に戻るように
ひとりひとりが気を付けたいですね。

そして今夜の関東地方は雪の予報が。
日々の寒暖差で自律神経も乱れがちに。
みなさん、体調管理に気を付けてくださいね。

200328-1.jpg

数日前のお散歩での一コマ。

ツァールトとのんびりとお散歩中、
大きな桜の木がありました。

今年は無理かなぁ・・・と思いながら挑戦。
16歳の春も元気に木登り成功。
安全に配慮しつつも彼の得意げな顔に
わたしもニッコリ。

いくつになっても『やりたい!』という気持ちは
元気の源。
木からおろした後の足取りも軽やかでした。

200328-6.jpg

ある日のレッスン、米(よね)ちゃんと小太郎君、
恋恋(ここ)ちゃん、小梅ちゃん。

それぞれの飼い主さんを見上げて待ちます。
穏やかないい表情だね。

チームで動いたり、個々で動いたりのなかで
犬達の気持ち、直すべき動きを確認。

200328-8.jpg

終わった後に気を付けたい部分、次の目標を
話す時もこの一体感が微笑ましい。

年ごろで指示にあえて従わない反抗も
成長のしるし。
心の中ではその足掻きが可愛いなと思いつつ、
素直になるってラクチンだよと教えたい。

200328-7.jpg

頑張った後も余裕の集合写真が写せました。

リードを持つ人への気持ちによって
がらりと態度を変える犬の賢さ、可愛さを
飼い主さん達も実感してくれた実り多い練習でした。

200328-2.jpg

ウィル君と凪(なぎ)ちゃんはお散歩からの
カフェタイム。

200328-3.jpg

ふたりの穏やかな態度にママ達嬉しそうだったね。

道行く人の視線を浴びても、
ちびっ子達の挑発があっても、
気にせずにゆったりを楽しむ心地よさを学ぶ。

200328-4.jpg

帰り道の後ろ姿。
ゆったり歩けているようだけど、
ビミョーに引っ張ったり、緊張でシッポが
ピーン!と立ってしまったり、
課題がありました。

200328-5.jpg

同じ道を私と歩く姿をチェックしてもらいます。
凪ちゃんのシッポ、低い位置でゆったりと
振られています。
さんにんが並び、一体感があるでしょ?

初めて歩く道でも、初の組み合わせでも、
連れて歩く人への気持ちひとつで
一瞬で“チーム”は成立します。

どちらのレッスンでも、私とのコンビで
良い動きができている子達を見ながら、
「すごい!」「できてる!」
自身との違いを感じてもらえました。

同じ犬なのに態度や行動が違うのは
それだけ犬達が色々を感じているから。

頼れるリーダーには忠実に寄り添う、
関係ができれば犬達は裏切りません。

何よりも犬達からの信頼に応える、
どんなシーンでも裏切らない強さを示す、
それがだいじ。

みんなの変化に嬉しさを感じつつ、
これからの変化も楽しみなレッスンでした。

| LESSON | 22:06 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://zartkiyose.blog43.fc2.com/tb.php/5256-8b9a728e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT