PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日々成長。日々成長? (^^; その2

またまたこんにちは。
なんでも係のKatayamaです。

先週末、山形の大会に行ってきました。
この日に照準を合わせて、嬉しい結果を目指して。

残念ながら、◎な結果にはなりませんでしたが、
積み重ねてきたものが形になったし、
ショーの最中だけではなく、
早朝から犬と接する間のやり取りの中で、
私がずーっと気付いてほしかった部分を
飼い主さん達に実感してもらえたので、
今後のニッコリに大きく近づけそうです。

好成績はお預けだけど、大きな気づきが得られ、
よりよい関係に繋がるだろうと期待してます。
(ハイ、今回も公開プレッシャーです!)

さて、可愛いレッスンの様子をもうひとつ。

190830-6.jpg

フレンチブルのひめちゃんと白柴犬のゴン君、
初めての組み合わせです。
ふたりともママを見上げていい感じです。

進度の違うふたり、よく動くことではなく、
それぞれがママとの“チーム”として
相互理解のある動きを目標にします。

まずはひめちゃんの状況確認を兼ねて、
競技会仕様の科目を披露してもらいました。

久しぶりのレッスンだったけど、安定感抜群。
いい動きができています。
それを見ていたゴン君のママ、絶賛。
これまでの頑張りがニッコリに繋がるための
いい刺激を受けたと思います。

190830-5.jpg

歩調を合わせての脚側行進。
横を気にせずにゆったり歩けるかな?

190830-7.jpg

「伏せ」の指示でダウン。
この状態でもママを見上げて指示を待ちます。
ママを見上げる視線が可愛い!

190830-8.jpg

レッスンを済ませお店に戻ります。
後ろ姿にもゆったりした雰囲気が出ています。
初コンビだったけど、穏やかに動けたね。

これまでの生活や過去のレッスンでの失敗を
その後の対応に活かすようにしたからこその進歩。

失敗を引きずり、間違いを起こさないように避けるのではなく、
失敗を教訓にステップアップすることが大切。

犬達にも感情があるので反発もします。
飼い主さん達は可愛いからこそついつい失敗から
目を背けて回避してしまいがちです。
直す大変さはあるけど、現状を受けとめ、
よくなることに労力をかけてあげてほしい。

可愛いからこそ、犬達のご乱心に向きあえる
そんな飼い主さんに育てられている犬達は
幸せだな~と思います。

犬の飼い方は人それぞれ。
でも、相棒を正面から見つめられる関係であってほしい、
ZARTのレッスンはそんな想いですすめています。

次はどのチームの後ろ姿に微笑ましさを感じられるかな。
楽しみです。


| LESSON | 16:23 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://zartkiyose.blog43.fc2.com/tb.php/5166-ea765e61

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT