PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

変化を楽しむ ~ プードルさん編 その2 ~

こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

世間はお盆休みに突入ですね。
それを追いかけるように台風が接近。
大きな被害がありませんように。。。

久しぶりに載せたカット犬種の子達の記事、
色々な感想、ありがとうございます。
私たちが意識している部分に気付いていただくと
嬉しくなったり、
飼い主さんの視点からの感想に
「へ~!」と嬉しい想定外があったり、
とても勉強になります。
さて、今日はどの子に登場してもらおうかな。

190809-4.jpg

トップバッターは、シルバーカラーのはなちゃん、
長く伸ばした頭部の毛をしばっています。
足先はお手入れがしやすいように
バリカンですっきりしつつ、
それをさりげなく隠したふんわり足元。

日頃のお手入れをしてもらえるからこそ、
このスタイルもキープできます。

190809-1.jpg

お座りの姿勢と歩いている時では
耳の動きも変わり、毛の位置も変わります。
おすましな時も、元気に動いている時も
しっくりくるようなカットで可愛さ倍増。
ペロッと出した舌がまた可愛い。

190809-3.jpg

同じくシルバーのアルバトロスちゃん。
口元の毛は小さめの丸で残しつつ、
頬のあたりをスッキリ仕上げて
スタンダードなカットに近づけています。

190809-2.jpg

口元の毛をふっくらな丸にして
耳先の形を変えるとガラッと雰囲気が変わります。
もちろん、こちらもアルバトロスちゃんです。

カットスタイルひとつで幼くなったり、大人っぽかったり
色々楽しめるのがカット犬種の魅力でもあります。

190809-5.jpg

カット前のモコモコも愛らしいぬあ~る君。
彼の毛は黒ですが、だいぶ明るめです。

彼のママはトリマーさんなので、
これまで13年間ず~っとママカット。
今回初めて私がカットすることになりました。

全体的に豊かな毛量がありますが、
頭頂部は毛が割れやすい(分かれやすい)ので
プードルの特徴である丸さをキープすることを
気にしてカットしてみました。

190809-6.jpg

可愛い顔が登場。
彼の実年齢(13歳)を知ったら、
みんなびっくりしました。

こまめなお手入れと元気な体をキープする食事、
シニアになると大きな差となって現れます。

同じようなスタイルでカットしても、
鋏を持つ人が違うと雰囲気もだいぶ変わります。

それぞれの子の体のつくり、毛の質、
飼い主さんの好みを加味していくと
無限にスタイルチェンジができますね。

次のカットまでスタイルがキープできるか、
毛質や毛の流れによってどこが崩れやすいか、
それらを見極めていく事も大切。

人のスタイル同様、流行りもあるので
それらに乗っかることもオシャレとして気にしつつ、
その子ならではの形を作っていきたい。
いい意味で『毎回違う』を表現したい。

繊細に切り方を変えられるように、
私たちも腕を磨きつつ、
飼い主さんの好みに応えられるように
接していきたいと思っています。


| SHAMPOO | 23:31 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://zartkiyose.blog43.fc2.com/tb.php/5158-84d60279

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT