PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ZART保育園

おはようございます。
なんでも係のKatayamaです。

ZART地方も梅雨入りし、ジメジメな日が続きます。
この時期は皮膚疾患や胃腸障害が増えるので、
いつもより少し気を遣ってあげたいものです。

先日、賑やかなレッスンをしました。
紀州犬のこうめちゃんの子ども福丸君と、
柴犬の小夏ちゃんの子ども小春ちゃんの
初対面に合わせてご学友の集合。

190614-1.jpg

左下から時計回りに、笑顔なRita(りた)ちゃん、
まりもちゃん、米(よね)ちゃん、かなちゃん、
福丸君、お外が気になるきななちゃん。

育ち盛りから大人まで初対面の子も含めて
ひとつの空間で穏やかに過ごすことを学びます。

190614-5.jpg

ママ達におもちゃを使って遊んでもらったり・・・・

190614-2.jpg

190614-3.jpg

190614-6.jpg

一粒種で産まれた福丸君と小春ちゃん、
兄弟犬にもまれることもなく、優しいお母さん犬達は、
仔犬のパワーに押され気味で遠慮がち。

“社会化期”にどう接するかでその子の今後は
大きく変わります。
母犬や兄弟犬との生活で学べない部分を、
先輩犬やご学友との接点で学ぶ、
大切な経験を積む時間です。

190614-4.jpg

おやつも“順番”に仲良く食べる、
よその子が食べている時に邪魔をしない、
もらう時も順番、いい子にしていたらもらえる。
遊びの中でもたくさんのことが学べます。

この空間に9頭の子が集っても、
大きなトラブルもなく穏やかなに過ごせました。
当たり前なようで和犬メインで複数頭、
すごいことです。
でも、ZARTではそれも“あたりまえ”だと学びます。
犬達の動きを見ながら人間がフォローする、
人と犬が一緒に学ぶことも大切。

190614-7.jpg

途中、メンバーが入れ替わりながら3時間近くを
一緒に過ごしました。
みんなでいい子にフレームイン!

190614-8.jpg

「福丸君!私みたいにカメラ目線して!」
早くも小さな小春ちゃんにペースを奪われ
マジメ対応の福丸君。

しっかり者の学級委員とやんちゃなクラスメイト、
そんな雰囲気でした。

仔犬とは思えない表情の豊かさは
産まれた時から家族に愛され声をかけてもらい、
たくさん触れてもらっているからこそ。

ふたりにはとても貴重な経験を積む時間。
お姉さん達は想定外の動きをする仔犬達に
戸惑いながらも穏やかに動く練習に。
飼い主さん達は微笑ましい姿を見ながら、
自分の子の成長を喜び、気になる行動を
今後のしつけに活かす気付きの時間に。

みんなにとってとても良い時間になりました。

もちろん、自分の子が一番だいじ。
その横には同じくらい自分の子を想う飼い主さんがいる。
お互いの動きを気にかけながら、
楽しそうに集う飼い主さん達の姿も
とても微笑ましく、嬉しく思いました。

意識が高く、理解のある飼い主さんに囲まれて
ZARTがそんな飼い主さんや犬達にとって
心地よい空間でいられるように、
私たちも頑張らないと!と思いました。

もちろん、楽しいだけじゃなくて、
ダメ出しもたっぷりですが、それも大事。

有意義で楽しい時間が共有できた
レッスンでした。


| LESSON | 09:45 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://zartkiyose.blog43.fc2.com/tb.php/5140-db116d88

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT