| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「キレイ」は嬉しい

もう一回こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

先日の記事でカットだけではなく、
シャンプー自体にも大きな違いがあると
書きました。

同じ場所で同じ器具やシャンプー剤を使っても
仕上がりは大きく違うものです。

対応するスタッフによる差を減らす、
全員の技術の底上げを常に意識する、
日々の施術中も考えています。

200222-1.jpg

可愛いスマイルで決めているのはパンジーちゃん。
ポメラニアンの豊かな毛量をふんわり、サラサラに
仕上げるのは簡単ではありません。

深い胸やプリっとしたお尻の毛が
束になっている子、多いですよね。

200222-2.jpg

ゴールデンのアルマちゃん、彼女もサラフワ。
長い豊かな毛をなびかせて歩く姿は
とっても優雅でキレイです。

「お店から出てきたゴールデンちゃん、
とってもキレイだったわ~」と
後日お買い物にいらしたお客さまから言われました。
嬉しかった~。

カット犬種・グルーミング犬種(カットをしない子達)
どちらもその子達の魅力が活きるように
ケアしていくことが大切だといつも思います。

200222-3.jpg

ノアちゃん、お耳の毛がだいぶ伸びてきたね~。
お姉さん指数がどんどんアップ中。

200222-4.jpg

ふんわりな雰囲気が可愛いエマちゃん。
今回はきもち小さめにマズルの丸をつくってみました。
スッキリ仕上げだったお耳を今回から伸ばして
スタイルチェンジが楽しみだね。

200222-12.jpg

スッキリしあげのオーダーをいただきました。
アトム君はいつもより細身にカット。
幼い雰囲気も可愛いよ。

200222-13.jpg

大好きなお姉ちゃんに抱っこされて
ニッコリ顔のジジちゃん。
待機中ぐっすり眠れるようになったし、
甘えた仕草が増えてきて嬉しいよ。

200222-7.jpg

初めましてな大納言君。
ミックス特有な複雑な毛質と毛流だけど、
個性を活かせるカットをしていこうね。

200222-16.jpg

ミックスの恋恋(ここ)ちゃんも
毛質を活かしたスタイルでどんどん変身中。
ちょっとしたハサミの違いで雰囲気が変わる、
カットの面白さであり、緊張の場面です。

「キレイになったね~」の声にニッコリ。
これもZARTのあたりまえ。

200222-14.jpg

ちびっ子トリマーさんに乾かしてもらった後は
私がバトンタッチ。
短頭種の魅力がより引き立つように
丸く整えました。ふち切りがしっかりきまった
お耳がとっても似合うね。

洗うたびに態度が緩和する。
表情が豊かになる。
ブラッシングが容易になることで
お手入れにちょっと手間が必要なスタイルに
変身してみる。

嬉しい変化が実感できるトリミング。
これもZARTのあたりまえです。

| SHAMPOO | 23:24 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みんなピカピカ

こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

久しぶりの雨ふり。
この季節にしては暖かいものの、
寒暖差が大きく人も犬も体調を崩しがち。
お気をつけください。

今月はレッスンもトリミングも様々な相談事
(しつけ・食事・手入れ)も多くて
ちょっと慌ただしい日々ですが、
飼い主さんと一緒に犬達の変化を感じて
にっこりも多いです。

ブログの更新をおさぼりしている分
ご紹介したいことはたくさんありますが、
今日はカットを済ませてスッキリした子達の
姿をご紹介します。

200216-1.jpg

ひつじさんカットなうめ子ちゃん。
年齢によって変化する毛質に対応しながら
うめ子ちゃんスタイルをつくります。
いくつになってもピカピカがいいものね。

200216-7.jpg

黒プードルさんつながりでここあ君。
家族がお好みのスッキリスタイルをベースに
毎月微妙に切り方を変えて“似合う”をチェック。

200216-6.jpg

レディーな雰囲気のはなちゃん。
お手入れ上手なママのおかげで
太目な足もサラッサラ。

200216-4.jpg

ビションフリーゼだけどプードルさん風だったギブス君。
この画像は前回のカットスタイル。

200216-3.jpg

ビションスタイルに戻りま~す。
わたあめなお顔にはまだ長さが足りないけど
雰囲気がだいぶ変わったね。

200216-2.jpg

超ロングなコートが優雅なヴィーノちゃん。
夏場のスッキリスタイルからコッカーの王道に
変身中。

200216-5.jpg

レオ君は足は太目に、お顔はまぁるく。
「すてき~!可愛い~!」と
お客さまに声をかけてもらっていました。
照れて視線をズラすところがまた可愛い。

200216-9.jpg

モヒカンが決まってるもんじろう君。
ママがお迎えの時に
「もんちゃんかっこいい!!」と
ニッコリだったね。

200216-8.jpg

今日のシメは黒豆ブラザーズ。
銀次君&ロビン君は子ヤギスタイル。
「どっちがどっちか分からない」と言われますが、
毛質も体格も違うふたりをどう近づけるか、
そんな気持ちでカットをしているので
この言葉は嬉しい褒め言葉。

ZARTではグルーミング犬種、カット犬種問わず、
長毛種の子は特にお家でのケアが大切だと思っています。

毛玉は見栄えも悪いけど、犬達は痛いんです。
大切な子達に痛い思いはさせたくない、
トリミング直後だけではなく、トリミング直前でも
サラサラ、フワフワでいるのが当たり前。

そんな考えに共感し、大切にケアしてくださる
飼い主さんが多いから、想いを共有できているから
より質の高いケアで応えたいと思っています。

スタッフ達も手慣れた施術でOKだと思わずに、
洗い方、風のあて方、ブラシの持ち方、etc.
細かい部分にも気をつかい、スキルアップに
励んでいます。

シャンプー剤もトリミングに使う道具も
より犬達に安心安全できるものを吟味しています。

『うちの子はカット犬種じゃないから』

どこで誰が洗っても変わらないように思いますが、
健康な体と疲れた体では被毛の質も違います。
洗い方、乾かし方で仕上がりは別物になります。

そんな違いを実感していただいた時が
ブレずにやってきて一番嬉しい時。

日々高まる私の想いと要求に
スタッフは齷齪していると思いますが、
手技は確実にあがっています。

日々“もっと!もっと!”と高い意識の中で
大切な子達に接していくこと、これだいじ。


| SHAMPOO | 00:34 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

賑やかな年末

今日はこれでおわりです。(^^;
なんでも係のKatayamaです。

年末のZARTはとってもにぎやかです。
お買い物に来てくれた子、
トリミングに来てくれた子、
たくさんの子が来てくれました。

今年のご挨拶にと
わざわざ足を運んでくださった飼い主さんも。
ありがとうございます。

それではそんな賑やかさをご紹介します。

191229-1.jpg

私に遊ばれちゃった恋恋ちゃん、
笑顔で対応ありがとう。

今年からプラッキングを取り入れスタイルチェンジ
しましたが、ママのお手入れのおかげで
みるみる毛質が変わりました。

191229-2.jpg

妹の小梅ちゃんと仲良くおふろ。
炭酸泉浴は気持ちいいを知ってるふたり、
おりこうさんに浸かっています。

191229-3.jpg

大好評のカット中な1枚。
マルチーズのかのんちゃん。
とろ~んとしたお目目、今にも寝ちゃいそう。

191229-4.jpg

カット後はママに抱かれてクールな表情。
ちょんまげさん、似合ってるね。

191229-7.jpg

マルチーズのエマちゃんもウトウト。
ここでも私の左手は枕の役割。(^^;

191229-8.jpg

ふんわりなベビーフェイスにママもニッコリ。
とっても馴染んでくれて嬉しいわ。

191229-5.jpg

冷静にカメラ目線なのはマルチーズ×プードルの
こまゆちゃん。

191229-6.jpg

繊細な毛質をカットするのはとても緊張します。
おすましでポーズをきめてくれました。

191229-12.jpg

眠くて眠くて体がぐにゃりなノアちゃん。
体を預けてくれるのは嬉しいけれど、
たまにはお目目を上げてくれないと
バランスがチェックできません。

191229-13.jpg

お迎えのお姉ちゃんとママの
「可愛い~!!」の声にご機嫌さんです。

191229-9.jpg

パグのひなちゃん、気持ちよくてこのお顔。
普段はおすましさんなので貴重な1枚。

191229-10.jpg

カメラを向けるとおすましなレオ君も
砕けた1枚撮れました。

191229-11.jpg

カット後はあの手この手でカメラ目線ゲット。
今回は私の勝ち。(^▽^)

191229-14.jpg

ラストはキレイになったカンチ君とランちゃん。
「僕たち頑張りました。ご褒美は?」という
声が聞こえてきそうです。
表情も表現も豊かで可愛いね。

施術中の姿がとても好評です。
大切な子達がどのように過ごしているのか、
素の姿を見てもらえ、安心度もアップ。

気を良くしてどんどんご紹介したいと思い、
横で熱心に施術中なスタッフAmanoに
「あまのん、撮って!」と頼んでいます。
作業の邪魔をされ
彼はとっても迷惑だと思いますが、
まだまだ頼みます。

『Amano君、ご苦労さま(ご愁傷さま?)』
と、優しく労ってあげてください。(^^;

それでは今日はこのへんで。

| SHAMPOO | 23:51 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

個性豊かに ~シュナウザーさん編 その2~

まだまだ続きます。
なんでも係のKatayamaです。

と、いうことでシュナウザーさん達に
登場いただきましょう。

プードルさん達と比べて
シュナウザーさんの毛は伸びも遅め。
スタイルチェンジにも時間がかかります。
伸び待ちで理想形になっていない子もいます。
そんな不ぞろい部分があっても可愛らしいですよ。

19ms-7g.jpg

トップバッターはミーナちゃん、
ドッグショーで頑張る彼女のスタイルは
シュナウザーのスタンダード。
キレイです。
ちなみにママはプリティー仕様も好み。
オフシーズンは“まつ毛残し”も楽しんでいます。

19ms-8h.jpg

“まつ毛残し”って何?を解決してくれるのは
めるもちゃん。
ぱっちりお目目わかりますか?
長くて黒いまつ毛がとってもキュート。
シュナウザーはまつ毛の伸びは早いようで
ZARTではリクエストが多いです。

19ms-9i.jpg

耳の毛が長いつながりで登場はめいちゃん。
豊かな毛量でふんわり仕上げ。

19ms-10j.jpg

ちゅらちゃんのお家はスッキリがお好み。
スタンダードをベースにお鬚は短め、
お目目はぱっちりにしています。
鼻筋の毛がだいぶ伸びてきたね。

19ms-12l.jpg

フェイ君もスッキリ好み。
フェイ君のママはお手入れがしやすいように
ご自身で足先にバリカンを入れてスッキリ
させています。
短い足先に足の毛が馴染むようラフに仕上げます。

19ms-5e.jpg

リリーちゃんもママはふんわり好み。
毛量が豊かなのでただ長く仕上げると
すぐにお顔回りはモシャモシャになります。
シュナウザーらしさは維持できるように、
目の周囲には細かいハサミが入っているので
ふんわりだけど目元はぱっちりです。

19ms-13m.jpg

Rita(りた)ちゃんは可愛い仕様ですが、
背中はスタンダードの子のように
プラッキング(トリミングナイフを使う技法)で
硬いコートに仕上げています。
ママもナイフの扱い方を練習して
日頃のお手入れを頑張っています。

19ms-3c.jpg

モヒカンが似合うもんじろう君。
スッキリめな足のつくりとモヒカンに
短めなお鬚で柔らかさをプラス

19ms-6f.jpg

ろびん君もモヒカンさん。
ブラックのシュナウザーは毛が退色しやすいので
彼も背中はプラッキングで黒黒をキープです。

19ms-4d.jpg

ツァールトの孫、グルート君。
細みなつくりがママの好みです。
お座り中で見えないけれど、シッポは
プードルさんのようにポンポンです。

19ms-11k.jpg

凛々しいアデル君はゼーゲンの弟。
ゼーゲンと同じスタンダードです。
カッコいい容姿だけど心優しい男の子です。

19ms-2b.jpg

ゼーゲンのお姉ちゃんな楓(かえで)ちゃん。
アデル君とも姉弟ですが、
スタイルが違うと別犬種のようです。
ふんわり、まあるいこのスタイルは
シュナウザーの毛質ではキープが難しい。
ママのお手入れがあって成り立ちます。

19ms-1a.jpg

〆はツァールト。
スタンダードをベースに足や前胸は長めです。
16歳の彼は若い子達より顔の凹凸が
目立つようになり、同じように切ると貧祖。
毛の残し方、ハサミの入れ方で“社長”の
風格をキープしています。

まだまだ紹介しきれませんが、
同じ犬種でもこんなに楽しめます。

個性を活かし、欠点を隠す。
トリミングをすることで可愛さも倍増です。

| SHAMPOO | 23:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

個性豊かに ~シュナウザーさん編 その1~

またまたこんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

以前、犬種別にカットした姿をご紹介しましたが、
「シュナウザーはまだ?」とリクエストを
いただきました。

4月から私がメインでカットを担当するようになって、
今まで以上に飼い主さんとお話をして
好みや要望を教えていただき
カットに反映できるようにしてきました。

まだまだ試行錯誤中ですが、
飼い主さんから「気にってます」という
嬉しい言葉はもちろんのこと、
店頭で可愛い姿を見たり、ブログの画像を見て
「〇〇ちゃんのカット可愛い!」
「△△ちゃんのスタイルすごく好み!」
と、飼い主さん以外の方からも
多くの感想をいただくようになりました。

トリミングテーブルの上でビッシッと
スタイルが決まっていることは大切。
でも、家族として暮らす子達は、
お座りもすれば、伏せもする、
ゴロンと寝たり、体をブルブルしたり、
元気に走ったり・・・様々な動きをします。

人間同様、時間が経てば毛は伸びるし、
毛質や毛量でうねりやクセが強くなります。
同じ犬種だから同じように切るのではなく、
次のカットまでおさまりよく、
飼い主さんの好みやその子の状態に合わせて
乱れが少ない手入れをしやすいハサミの入れ方、
接すれば接するほど奥が深いと思います。

カット犬種に限らずグルーミング犬種も
トリミング時だけではなく毎日の手入れが大切。
ZARTではトリミングする前は
「たくさん遊んで泥んこで来てください!」
とはいいますが、
「毛玉は私たちが取りますから気にせずに」
とは言いません。

毛玉にならないようにする日頃のケアは
飼い主さんにしてもらいたいのです。
もちろん、できてしまった毛玉は
トリミング時に丁寧に取り除きますが、
毛玉になって皮膚が突っ張って痛いんですよ。
大切な子に苦痛を与えることはダメ。

日頃のお手入れは飼い主さんの手で、
それをフォローするのが私たちスタッフ、
飼い主さんと私たちが“一緒に”キレイを
維持し、質をあげていきたいのです。

他店のトリマーさんはZARTに来る子達を見て、
施術時のマナーの良さと毛の美しさに驚きます。

きちんとしつけ、日々手入れをしてもらい、
食事や健康管理に気をつかう、
“ZARTの当たり前”に共感し実践してくれる
飼い主さんがあって成り立ちます。

ただ洗うだけ、ただ切るだけじゃないんです。
犬達と接するってとっても奥が深い。

レッスンでもトリミングでも、今日接した子達のことを
思い浮かべながら、“その子にとっての最良”を
上乗せするにはどうしたらいいか、考えます。

日々思っていることを書いていたら
前置きがとっても長くなってしまったので、
シュナさん達の姿は次の記事で。(^^;

| SHAMPOO | 22:53 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT