| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

可愛い姿いっぱい その2

しつこくもう1回。

こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

もっとこまめに更新しなさい!と
ご指摘を受けそうですが・・・
これもZARTらしさということで。(^^;

可愛い姿、まだまだ続きます。

210307-10.jpg

一時期コンディションが落ちたアトム君。
毛量も増えて毛質もよくなったね。
心と体の健康はリンクしているから、
飼い主さんの接し方ひとつでいくつになっても
変わります。

210307-11.jpg

女子力がどんどんアップしているはなちゃん。
帰る時の軽やかな動きと優雅な毛の流れが
とってもステキです。

210307-13.jpg

パパとママがお迎えに来ると元気倍増なここあ君。
愛情いっぱいのケアで何年もいい状態をキープ。
“いい状態記録”はどんどん更新しなきゃね。

210307-12.jpg

ZARTでのカットは二度目なはる君。
今回からパンツスタイルに変身します。
長さが足りないところを伸ばしつつも、
“それっぽさ”は出せるようにカットします。

ママが変身度合いにビックリしつつ
たくさん喜んでくれたね。

210307-14.jpg

おパンツスタイルの先輩さんベリーちゃん。
小さな体にこのスタイルがピッタリだね。
日々のお手入れは大変なスタイルだけど、
みんなに大好評で嬉しいね。

210307-17.jpg

のえる君もミックスさん。
1歳半を目前にして毛質がガラリと変わったね。
切り方も変化させながらふっくっらな丸みを
キープしようね。

210307-18.jpg

スッキリ細身なボディーとふんわりお耳な
とわちゃん。複雑なうね毛さんですが、
短く刈ったボディーに浮き出る模様が
とてもきれいです。

キレイね~とお散歩中に何人も
声をかけてくれるそうです。
こんど後ろ姿を披露しようね。

210307-15.jpg

スッキリスタイルがお好みなちゅらちゃん家。
かなり細身に仕上げていますが、豊かな毛量で
見栄えがします。

210307-16.jpg

幼少期の細やかな毛質なしえるちゃん。
お手入れのしやすさと家族の好みを考慮して
スタイルを模索中。
ちょっとずつ変化を楽しみながら
ベストなスタイルを見つけていこうね。

210307-8.jpg

今日のシメを飾ってくれるのはエイト君。
こまめなケアと良質な食事、心の穏やかさが
一体となった美しさだね。

正面からパチリと撮影も可愛いけど、
いつもと違う表情やその子の良さを
1枚におさめて紹介できたらと思います。

次は誰に登場してもらおうかな。

と、いうことで長々のお付き合い
ありがとうございました。

ほんとうにおしまい。


| SHAMPOO | 00:08 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

可愛い姿いっぱい その1

今夜はもう一回。

こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

前回の記事は私の想いが濃すぎたので
今回はそれを体現してくれる可愛い姿をどうぞ!

210307-1.jpg

年を重ねるほど元気になっているマリちゃん。
ベビーフェイスはそのままに美魔女キープね!

210307-2.jpg

妹のクミちゃんはキリっと引き締まったお顔。
しつけをきちんと学んだ子達はその時度に合った
意思を感じる表情を見せてくれます。

210307-3.jpg

チビ君も集中!
お風呂が終わってお迎えの度にママさんが
ZARTに来てからの被毛の変化に喜んでくれます。
まだまだ嬉しい変化があるよ。

210307-4.jpg

チワワとヨーキーのミックスなサラちゃんは
トリミングのたびに微妙に毛質が変わっています。
大人になっても変化するのがミックスの被毛。

210307-9.jpg

ヨーキーとペキニーズのミックスな大納言君。
成犬な彼も毛質が変わります。不思議。

210307-5.jpg

かのんちゃんは可愛いちょんまげさんと
お手入れしやすいスッキリな足で
幼さ倍増。さて、何歳でしょうか?

210307-6.jpg

ロングコートが美しいマル君。
カメラ向けると意識しちゃうから、なかなか
豊かな表情が公開できません。

210307-7.jpg

弟のうに君は元気に成長中。
仔犬からの毛質の変化にくわえ、
とても複雑な頭頂部の毛の流れがあるので
繊細なカットが必須。お兄ちゃんのような
ロングコートになっていく過程が楽しみ。

210307-21.jpg

お風呂上りなメリーちゃん&ヴィーノちゃん。
お家でのこまめなケアや定期的なカットで
カット前でも十分キレイに見えるけど、
終わった後は何倍もステキだよ。
それぞれに合ったお手入れでピカピカ。

210307-20.jpg

サラフワ度アップなバロン君。
歩くたびに揺れるサラサラな毛。
毎日のブラッシングが大変だろうな~と思う
豊かな毛量、シェルティーはこうあるべきを
見せてくれます。

210307-19.jpg

シメに登場は温浴堪能中の小太郎君。
お勉強が済んで、ピカピカになって、最高だね。
温浴の心地よさが分かりだして
くだけた表情になってきたね。
柴犬だけど“和犬の凛”がない姿、それも可愛い。

しつこいけど、もうちょっと紹介したいので
もう1回お付き合いください。(^^;

| SHAMPOO | 23:42 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お風呂中の様子

こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

冬になると静電気がすごくて
カット中に大苦戦します。
毛の流れを整えるためにコーム(くし)を
入れるとよけいに広がる。

訓練士な私がトリミングを担当するようになって
もうすぐ2年(お手伝いは以前からしていたけど・・・)
ずっと疑問だった事が解決してスッキリしたり、
知らなかった事を発見したり。

以前は想いを口で言っていただけだった
“ただ洗うだけ、切るだけじゃない”
は間違ってない、気持ちの入れ方、
手のかけ方で全然違う事を実感。

百聞は一見に如かず

紙の上のたくさんの知識より、
実際に触れて変化を感じることが
どれだけ大切かを実感&痛感しています。

私のうるさいリクエストに応えてくれて
スタッフAmanoも接する子の小さな変化も
敏感に感じ取ってくれるようになり、
トリミングの質があがることにもにんまり。
(もっともっと質をあげますよ~!)

定期的に接しているからこそ小さな変化もわかる。
それがZARTのトリミング。
健康管理はもちろん、コロナウイルスの感染予防にも
頻繁なシャンプーは大切。

昔は皮脂が落ちるから洗いすぎはよくないと
言われていましたが、17歳になるツァールトは
小さい頃から毎週洗っていました。
良質なシャンプー剤を使ってキレイに洗えば
病院でも解決しなかった皮膚のトラブルも
解決しますし、皮膚を傷めることはありません。

特に今ZARTで使っているアクアゼオのシャンプーは
きちんとしたエビデンスも公開されていますし、
(人間の)新生児でも使える安全なもの。

これまでも口コミやメーカーさんの情報だけではなく、
気になった物は実際に自分の髪を洗ってみたり、
身近な子達に使ってみて納得した物を選んできましたし、
これからもその考えは変わりません。

定期的に接している子達の嬉しい変化が
その良さを実証してくれますしね。

おかげ様で嬉しい声が増えるとともに、
新規のお問合せも多くいただきますが、
私たちが質を落とさずできる範囲で、
更なる良質を目指したいと思います。

・・・と、前置きが長くなったのでこの記事は
画像少な目。(^^;
次は可愛い子の姿をたくさん載せますので、
今回はこんな姿をご紹介します。

210306-1.jpg

シャンプー中に両手が毛まみれになるほど
たくさん抜けたのに、風を当てたら
デスコートが飛ぶ!飛ぶ!
可愛いノンタ君のお尻。(お顔ナシ!)
彼はたくさん毛を脱いでさっぱりになりました。
皮膚のトラブルもどんどん改善中。
よかったね!

210306-2.jpg

210306-3.jpg

お馴染みの缶詰と比べるとすごい量なのが
伝わりますよね。
ハサミで切ったり、バリカンをかけたりはせず、
プラッキングという技法で抜いた毛の山。

210306-5.jpg

可愛いノーフォークテリアのかこちゃんと・・・

210306-4.jpg

妹のもこちゃんもスッキリ。
定期的に抜くことでハリのあるキレイな毛を
キープします。
手間はかかるけど、犬種にあったケア方法で
健康的な皮膚と被毛を維持します。

210306-7.jpg

カット中の前足さん。
飼い主さんのリクエストとその子の毛質を考慮して
次のカットまでお手入れのしやすさと
姿の美しさをキープするようハサミを入れます。

210306-8.jpg

レオ君、この時もおりこうさんだったね。
ふんわりと優雅な太目の足ですが、
汚れやすい足元や絡みやすい脇の下には
細かいハサミを入れています。

カット犬種は仕上がりの時だけキレイではなく、
次のカットまで可愛いが続くように。

グルーミング犬種はその子の毛質を活かし
被毛の美しさが際立つように。

犬種特有の技法も取り入れて、
みんなの魅力が存分に活かせるように。

それがZARTのこだわりです。

| SHAMPOO | 23:18 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

魅力を引き出す

こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

今日は暖かい一日でした。
屋外でのレッスンも心地よくできてよかった。

210216-11.jpg

レッスンではないけれど・・・
ランちゃんとカンチ君と3ショットな米(よね)ちゃん。
3歳になった2021年は激変の予感。
これまでの積み重ねで大きいたくさんの花が咲くかな?

210216-7.jpg

温浴でほっこり気分なエイト君。
定期的な温浴&シャンプーで毛穴からスッキリ。

210216-9.jpg

姉妹で混浴な恋恋ちゃんと小梅ちゃん。
彼女たちもサラフワピカピカ。

温浴は毛穴の汚れをしっかり落とし、
血行をよくしてデトックスを助けます。
体もあたたまり、元気な体に。

210216-2.jpg

シャンプー&温浴が済んでピカピカな三姉妹、
マリちゃん、クミちゃん、モモちゃん。
しなやかな被毛が日差しを浴びてキラキラ!

210216-1.jpg

カットが済んでお姉さん指数アップなノアちゃん。
カット中やお迎え時に見せる柔らかい表情を
ここで紹介したいのですが、椅子の上は緊張。

210216-3.jpg

お勉強してカットしてスッキリなこまゆちゃん。
安定した心で余裕の表情です。

210216-4.jpg

マル君もスッキリイケメンに変身。
幼い表情は年齢不詳だね。
まだまだ元気に楽しまなきゃね!

210216-6.jpg

スッキリしたレオ君。
新しい家族が増えて賑やかだね。
いいお兄ちゃんだってママ喜んでたよ。

210216-5.jpg

スッキリボディーにふんわりなお耳、
女子力アップなクララちゃん。
カット中もゆったり協力的でした。

210216-13.jpg

めるもちゃんはスタイルチェンジ中だけど
着々と女子力アップ中。
同じママのお腹から出てきたクララちゃんと
やっぱり似てるTね!

210216-14.jpg

ちはなちゃんのお迎えはママ達の黄色い声が
店内いっぱいに。
カット中はとても協力的。
「たっちお願いしまーす!」でスッと立ってくれます。
いつも協力ありがとね!

210216-8.jpg

緊張気味でマジメな米(よね)ちゃん。
大騒ぎしたお風呂はいつの話?くらい
お風呂が楽しめるようになりました。
ママとの頑張りが着々と実を結んでるね!

210216-12.jpg

えまちゃんも可愛さアップしました。
今回はお耳を短めにして可愛い路線で。
慣れてきてどんどん心を許してくれます。
犬ってとっても正直。

210216-10.jpg

スタイルチェンジ中なルーリー君。
伸ばし中な部分もちょっとしたアレンジで
発展途上だと思わない仕上がりに。
豊かな毛量を活かせるスタイル、
どんどん楽しまなきゃね!

同じ犬種でも、血縁がある子でも、
それぞれ毛質・毛量などの状態が違います。

しっかり汚れを落とし、丁寧なブローをすると
カットの仕上がりも段違い。

飼い主さんの好みはもちろん、
その子の個性を活かすお手入れが大切。

カットのある・なしに関係なく、
爪切りや肛門腺しぼり、耳そうじをはじめ、
シャンプーやブローも気持ちの込め方ひとつて
仕上がりが大きく変わります。

立ったり、座ったり、寝転んだり。
どんな状態でも崩れにくく、
その子らしさを引き立てる施術、
それがZARTのトリミング。

わたしがツァールトやゼーゲンにしてあげたい、
彼らの体も心もキレイにするケア、
それがツァールトのトリミングの基本です。

4月からそんな“最良”をより前面に出す
トリミングプランにしたいと思います。

大好きな飼い主さんと帰る後ろ姿まで
キラキラになる。
次のお風呂までいい状態をキープする、
衛生的で健康的な生活につながる、
そんなお風呂タイムが大人気です。


| SHAMPOO | 23:42 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こまめなケアには意味がある

もう1回こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

昔は「犬の洗いすぎはよくない」と言われていました。
犬は汗をかかないからと言われましたし、
シャンプー剤の質の低さも一因だったと思います。

ZARTで使うシャンプー類はメーカーの受け売りや
口コミではなく、身近な子を実際に洗って、
私自身の髪を洗ってセレクトしていたので、
手荒れでボロボロなんてこともありません。
洗っているスタッフの手が荒れるようなもので
人間の赤ちゃんより皮膚がデリケートな犬を
洗うなんて怖い、こわい。

17歳になるツァールトは赤ちゃんの頃から
ほぼ毎週洗っていますが、肌も皮膚もキレイ。

みんなをキレイにしているアクアゼオのシャンプーは
新生児も洗える、産婦人科のお医者さんも認める
そんな高品質で安心・安全。

更にコロナ禍で犬を介した感染を防ぐためにも
定期的かつ頻繁(理想は最低3週間に1回)
なシャンプーをしてあげてほしいと思います。
きちんとした施術の後はブラッシングもラクです。

210118-6.jpg

サラちゃんは成長期&ミックスの毛質なので
会うたびに毛の様子が変わっています。
毛質を考慮しながらパパさんの好みになるよう
ハサミを入れていきます。
カット中もおりこうだよね。

210118-3.jpg

シルクのような質感で真っ白なかのんちゃん。
年齢的にはシニアですが、以前より毛も増えて
その愛らしさでいつも若犬だと思われてます。

210118-15.jpg

スッキリしあげなとわちゃん。
いつもキレイにしてもらっているけど、
カットが終わると可愛さがアップだね。
お散歩中に度々褒められてママにっこり。

210118-2.jpg

ノア君もスッキリ。
複雑な毛流と年齢で変わってくる毛質は
切り方ひとつでスタイルが定まりません。
いつもいい子で協力ありがと。

210118-8.jpg

ZARTは2回目なココちゃんもスッキリさっぱり。
皮膚の荒れが気になるココちゃん、
ママと相談して肌のケアもすすめていこうね。

210118-9.jpg

ちょっと心が揺れ気味だったアトム君。
パパやママが日常生活にも配慮してくれて、
改善してきたら皮膚も毛もよくなってきたね。
心と体はリンクしている、体は正直。

210118-10.jpg

お勉強を頑張って、お風呂に入ってスッキリな
ルーリー君。可愛い羊さんカットから、
スタイルチェンジです。今から完成が楽しみだね。

210110-9.jpg

こちらは先月のルーリー君。
さて、どこが違うでしょうか?

210118-18.jpg

お久しぶりなのんこちゃん。
崩れてしまったラインを直すのに大苦戦。
長時間、いい子にお付き合いありがとね。
足りない部分を伸ばしながら、もっともっと
可愛くならなきゃね。

他の人の手が入っても、意味のあるカットを
していればこんなに苦戦はしないはず。
唸りながら切っている私を見て
Amanoは笑っていました。

210118-1.jpg

ZARTでのカットは初めましてなはる君。
こちらも斬新(?)なカット跡の修正に苦戦しました。
仔犬の柔らかでおさまりにくい毛だからこそ、
成犬より更に繊細に切る必要があります。
足りない部分を直しながら可愛さアップしていこうね。

お迎えに来たママがはる君を見て、
『えっ???これ、うちの子ですか???
はる君なの???本当???』
と、ビックリしていました。

もっとキレイになって持っている可愛さを
全開にしなきゃね!

210118-13.jpg

この大きなポンポンしっぽは誰かな?

210118-14.jpg

はーい!わたしで~す!なリリーちゃん。
垂れやすいシュナウザーの毛で大きなポンポンや
ふんわり仕上げなボディーはカットも難しいけど
お手入れが悪いとキープはできません。

おりこうさんになったからブラッシングがラクになったと
お手入れ上手なママが言ってたね。
レッスン頑張っているもんね。

こまめなケアと食事で毛質も変わり、
スタイリングがしやすくなりました。
女子力がどんどんあがってるね。

私たちが質の高いケアを意識すること、
飼い主さんが日頃のケアや食事管理に
気をつかってくれること、
犬達の体と心が穏やかなこと、
キレイをキープするのは飼い主さんと
私たちの信頼関係がとってもだいじ。

大切な子を託す、託される、
双方の気持ちが“犬の最良”を目指すから
いい結果がうまれる。

そんな当たり前が分かち合えることを
今年も大切にしたいと思います。


| SHAMPOO | 02:48 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT