| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

16歳おめでとう!

こんにちは。
なんでも係のKatayamaです。

お盆の帰省ラッシュと大型台風が重なり
お天気も交通機関のダイヤも乱れていますね。

台風が通過するエリアにお住まいの方、
Uターン移動最中の方、気を付けてください。

今日の主役はこの方。

190814-1.jpg

M・シュナウザーのジョワ君。
8月14日に16歳のお誕生日を迎えました。

190814-3.jpg

アデル君(左端)と仲良く暮らしていますが、
兄弟犬のゼーゲンがおじゃまする時は
仲良し兄弟のパワフルさに巻き込まれています。

190814-2.jpg

家族からたっぷりな愛情をもらい、
時に若者パワーに刺激を受けつつ
マイペースで過ごしています。

190814-5.jpg

ジョワ君のお里のママお手製のケーキで
お祝いをしてもらいました。

190814-6.jpg

お祝いにかけつけた零(ぜろ)ちゃんと。
どちらが主役?という零ちゃんの嬉しそうな顔。
ケーキも零ちゃんパワー全開で食べたんだろうね。

190814-4.jpg

左から、アデル君・ジョワ君・零ちゃん・ヴィジュちゃん・
杏(あん)ちゃん。
賑やかなお誕生日会、よかったね!

年を重ねて出てくるシニア犬の愛らしさ、
機能的な変化など、この子達の日々の生活に教わり、
その時の経験が後に続く子達に活かされる。
レッスンだけでなく、日々の生活からも
たくさん学べます。

ジョワちゃんとM・ダックスのラグ君が今年16歳を迎え
ZARTでは一番の先輩さん。
美味しく食べて、適度に動いて、若い子達から刺激を受け
楽しい時間を過ごそうね。

さいごにひとつ・・・

とっても楽しそうな集合写真ですが、
若い方々の目線がバラバラなのが
とっても気になります。

お楽しみ中でも、ママの呼びかけには
アイコンタクトでこたえましょう。
ママさん方、できる子達なので
ちゃんと視線の揃った画像お願いします。

この子達のママはもちろん、
ブログを見て“アイコンタクト”でドキッとしている
ママの顔が浮かびます。
該当のママさん方、自己申告お待ちしてます。
(^▽^)(^▽^)(^▽^)


| Students | 14:16 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ふたつのお誕生日

おはようございます。
なんでも係のKatayamaです。

連日の雨、水不足は困るので適度な雨は必要だけど、
西の方は大きな被害が心配される降りになるかもとの予報。
ちょっと極端すぎるお天気さんには、
ほどほどをお願いしたいものです。

あっという間に今日で6月も最終日。
今日はこの月に生まれたふたりをご紹介します。

190630-6.jpg

おやつを『持って待て!』中のまじめ顔が可愛い
ウォーカーハウンドの凪(なぎ)ちゃん。
“2歳”になりました。

190630-2.jpg

2年前の6月の凪ちゃん、
あれ??大きさが変わらない?
これはZARTでの初めましての頃の画像です。

実は凪ちゃんの本当の年齢は推定6歳。
保護されるまでの生い立ちが分かりません。
シェルターでの生活も含めて約4年、
2年前の6月に今のお家に迎えられました。

だから、凪ちゃんのお誕生日はお家に来た日。
お家で過ごした時間が彼女の年齢になのです。

190630-1.jpg

初めて会った日はアイコンタクトは知らず、
細くて無表情でした。
体は大人でも頭の中は子ども、
1つずつ人と暮らすうえで必要なことを教えました。

190630-3.jpg

2年経った今、体もしっかりして、表情も表現も
まだまだ幼い可愛さ。
アイコンタクトもしっかりとれるようになりました。
(友情出演はフレンチのプルーちゃん)

190630-5.jpg

『持って待てたらお誕生日プレゼントね』と
私が言ったら真剣に上手に持てました。

『ママに開けてって言っておいで!』の言葉に
くわえたまま移動して・・・

190630-4.jpg

もらえるのをじっと待つ姿、
ニコニコ顔のママの顔がとってもステキでした。

190630-11.jpg

もうひとりはシュナウザーのRita(りた)ちゃん
1歳になりました。

お転婆盛りの彼女は色々な事が新鮮。
好奇心の豊かさはそのままに、
レディーの優雅さを学び中です。

190630-7.jpg

兄妹達とすくすくと成長し・・・

190630-8.jpg

近所のおじさん(!?)達に暖かく迎えられ、
赤ちゃんの時から安定な心を持ち合わせていました。

190630-9.jpg

ママに初めて抱かれた日もこの余裕。
育つ環境は犬達の心模様に大きな影響を
与えます。

190630-10.jpg

お姉ちゃんになったまりもちゃんとも
すぐに馴染んでスクスクと育ちました。

産まれてからお家に来るまでの成長が
全くわからない凪ちゃんと、
産まれた日から全て分かるRitaちゃん。

そこまでの過程は真逆なふたりですが、
望まれて迎え入れられ、大切に育てられ、
色々な事を学びながら、時にはママ達を困らせ、
今に至ります。

境遇は違っても、飼い主さんが愛情をかけて、
一緒に笑ったり、心を鬼にして叱ったり、
きちんと向き合ってもらえた子達は、
表情が豊かになり可愛さも倍増です。

犬達には
『幸せなんだから、感謝していい子で過ごしてよ!』
飼い主さんには
『唯一の頼れる存在なんだから裏切らないでね』

これまで色々な犬と飼い主さんを見てきた私は
無邪気な犬達の姿とニコニコ顔の飼い主さんに
このままの関係でずっと過ごしてほしいと
このふたりに限らず常におもっています。

凪ちゃん、Ritaちゃん、6月生まれのZARTの子達に
お誕生日おめでとう!

来年の今頃はもっともっと、飼い主さんと
強い絆ができている“はず”だよね!

飼い主さん達にほどよ~くプレッシャーをおくりつつ、
おしまいにしたいと思います。

今日は朝から雨模様なZART地方。
元気なみんなのご来店、お待ちしています。
足元が悪いので気を付けてお越しください!




| Students | 08:50 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FCI 東北インターナショナルドッグショー

こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

うだるような暑さだった5月25日・26日、
山形で大きなドッグショーがありました。

今回はシュナウザーの参(まいる)ちゃんと
ミーナちゃんが頑張りました。

朝5時、すでに日差しが痛い。
この暑さの中で2日間長時間屋外にいるので
暑さ対策の持ち物で車はパンパンでした。

190530-3.jpg

『わたしたち、がんばりまーす!』

開始前のラウンド練習でも笑顔な参ちゃん。
ミーナちゃんはちょっと緊張気味。

と、いうのも・・・
練習を終えてパドック(待機場所)に戻る時に
アクシデントがありました。
ケガはなくてホッとしたものの、
動揺で走りに影響がでることも。

なんともないよ、大丈夫だよと
気持ちが戻るようにと登場したのは・・・

190530-1.jpg

今日は応援担当のゼーゲン。
ミーナちゃんと楽しく走って励まして(?)くれました。

190530-2.jpg

おめかしも済んでやる気スイッチも入ったかな?
日頃のおちゃめさんがキリっとします。

190530-8.jpg

参ちゃんはママと頑張りました。
緑の地面に黒い美しい被毛が映えます。
キレイな歩様でラウンドできました。

190530-7.jpg

190530-6.jpg

ミーナちゃんは私と挑戦。
心配した動揺もなく、いい走りができました。

残念ながら目指した結果ではありませんでしたが、
3月のジャパンインターを終えてから、
飼い主さんと私たちが一緒に目指したことは
ある程度クリアでき、手ごたえを感じることが
できました。

本当に暑かった2日間。
日よけのシートを広げたり、
扇風機の前に凍ったペットボトルを置いたり、
保冷剤を敷物の間に挟んだり、
犬達の体調を崩さないことに気をつかいました。

190530-5.jpg

「お疲れさま~、頑張ったね~!」
青空の下で水浴び、ほてった体を冷やしました。
ふたりとも気持ちよさそうなお顔でした。

190530-4.jpg

この日は応援団がいっぱい!
「かわいい~!」と声をかけたらみんなでニッコリ。
ショー会場では見かけない風景もZARTならでは。

零(ぜろ)ちゃんと弐(ふぅ)ちゃんも、
可愛い妹分の頑張りを応援してくれました。

審査会でも競技会でも普段のレッスンでも
大切なのは犬達に向ける飼い主さんの気持ち。

それぞれの希望や目標に向かって頑張る過程も
“一緒に”頑張るからこそ意味があると思います。

暑い中お疲れさまでした。
日焼け止めも塗らず太陽にあったっていた私は
数日後には真っ黒になる予定です。(^^;


| Students | 22:25 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頑張った1日

こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

今夜は久しぶりの雨。
乾き気味だった地面も潤い、緑も濃くなりますね。
ピンクだった木もすっかり緑に。
あっという間に暑くなるんだろうなぁ。

21日の日曜日、
日本チャンピオン決定審査会がありました。
今年は荒川の河川敷で開催。
ZARTからは小一時間でいける距離でしたが、
主役のサブロク君は京都から遠征。
ご苦労さまです。

昨年の大会で感じたこと、反省点をふまえて
この日に照準を合わせて頑張ってきました。
今回はどうだったかな?

190424-1.jpg

暑さを感じるほどいいお天気でした。
濡れたタオルで体を冷やしつつスタンバイ。
『オレ、頑張るよ!』と言ってたかな。

190424-2.jpg

今回も一審制での審査でした。
個々に体高(背丈)を測って既定のサイズかチェック、
歯の数や噛み合わせ、牡犬は睾丸のチェック、
体部構成などを審査されます。

190424-3.jpg

ドーベルマンの成犬牡組は9頭がエントリー、
並んで走ったり、個々に前後走で歩様をみたり、
ガンテスト(銃声に動じない稟性をみます)など、
犬種標準に沿った内容で審査は進みます。

190424-7.jpg

日頃は家庭犬として“ぼくちん”という表現がピッタリな
甘えん坊さんですが、今日は違います。
飼い主さんのハンドリングで頑張りました。

190424-4.jpg

結果はチャンピオングループでした。
「オレ、頑張った!」と爽やかな顔で戻ってきました。

190424-5.jpg

賞状とトロフィーをもらい記念撮影。
どや!顔のサブロク、可愛い~。

去年、予想外に動揺した体高のチェック、
立止(規定に沿って立たせます)時の集中、
リンクを走る時の呼びへの反応、
いくつもあった課題はしっかりクリアできました。

成績はOK!という順位ではなかったけど、
ZARTが大切にしたい“(飼い主と)一緒に”は
昨年よりずっとずっと良くできました。

この1年、日々の運動や課題の克服のために
“チームサブロク”で頑張ってきたことが
かたちになったことが重要だと思います。

頑張った後は応援に来てくれた
きっかファミリーや
ココナッツ&小夏&小春ファミリーと歓談。
ホッとしつつの楽しい時間が過ごせました。

190424-6.jpg

すっかりお家っ子モードに戻ったサブロクと
お茶目なココナッツとの戯れ。

立派なドーベルマンに思いっきり引きずられ、
楽しむわたし。(^^;

資質審査会で美しさを競う、
訓練競技会で頑張りを発揮する、
色々な目指すものがあっても、
良い成績をとりたいとは思っても、
一番大切なのは日ごろの生活での安定。

家族と“一緒に”楽しく暮らしつつ、
目標に向かって頑張る。

レッスンに限らず、トリミングも食事管理も
“一緒に楽しく”過ごすために大切なこと。

この大会だけでなく、日々飼い主さんと話す中で
色々なことに気付きます。

4月もあっという間にあと数日。
日々、色々な発見があったり、再確認があったり、
濃いめな毎日が面白いです。


| Students | 23:09 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

可愛い鼻ぺちゃコンビ

またまたこんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

今回は可愛い鼻ぺちゃさん達をご紹介です。

180926-5.jpg

ZARTではおりこうフレンチの代名詞になっている
ひめちゃん(右)とビギナーのプルーちゃんです。

ひめちゃんの安定感はZARTでも有名ですが、
やんちゃ盛り、家族との関係を見直し始めた
プルーちゃんとのレッスン。
フレンチブルの複数形、ZARTでは珍しい光景です。

ひめちゃんに基本的な動きを披露してもらいました。
プルーちゃんの家族からは「すご~い!」の声。
都度飼い主さんの顔を見上げ、指示をまつ姿、
褒められた時の嬉しそうな表情、
関係が深まるほどに見せる様々な表情、
とても愛らしいものです。

180926-3.jpg

お姉ちゃんのペースで進むスキンシップには
「いや!」と拒んでいたプルーちゃんも、
気持ちいいを知ることで穏やかになり体を預けます。

180926-4.jpg

優等生なひめちゃん、未知数なプルーちゃんを前に
ちょっとドキドキ、いつもならゆったりなふれあいも
余裕がなく硬い態度です。
(賢い故の緊張がまた可愛い)

180926-7.jpg

興奮しやすくじっとしているのが苦手なフレンチさんですが、
ママたちの会話中はゆったり待つことも必要です。
日々の生活でレッスンの手ごたえを感じ、
きちんと接しているからこその目に見える変化、
頑張った先に感じる嬉しさです。

180926-6.jpg

他犬の姿が視野に入れば大騒ぎだったプルーちゃん、
最後はひめちゃんと可愛いツーショットも撮れました。
初対面のふたりがぴったり並べました。

進度の違う子達が集う。
どちらかのペースに偏りそうですが、
先をいく子が応援し、後に続く子が胸を借りて成長する。
その成長過程に振り回されない安定をできる子は学ぶ。
双方にとってメリットがたくさんあります。
(もちろん、対応には細心の注意をはらいます)

特に同犬種の子が飼い主さんといい関係を見せてくれると
説得力があり、憧れになります。

ぐるぐると回るように、胸をかり、胸をかす、
いい子が増える、この好循環が大切。

何より、意識の高い飼い主さん達の協力があって
成り立つレッスンですが、地域や犬種を超えて
繋がれることはとても嬉しいです。

可愛い鼻ぺちゃさん、お疲れさまでした。



| Students | 21:53 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT