| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

嬉しい1歳

こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

ZART地方は梅雨明け。
6月中の梅雨明けは観測史上初だとか。
「梅雨だったの?」というほどに雨は降らず。
連日の暑さにすでにばて気味です。

一方、東海地方では激しい雷雨で土砂崩れも。
自然の力には逆らえませんが、
これ以上被害が大きくならないようにと願います。

nagi180629a.jpg

この子はだあれ?
去年の6月、はじめましての凪ちゃんです。

彼女は推定4、5歳。
どこで生まれ、どう育ったのかもわかりませんし、
この2年ほど前から保護施設に引き取られていました。
縁あって今のパパさん、ママさんに迎えられた直後です。

ウォーカーハウンドという犬種。
日本では珍しく、私も実物と接したのは初めてでした。
体も細く、毛も薄く、この通りカメラを向けても
緊張して正面から撮ることはできませんでした。

猟犬の気質や保護された犬達の受入れ後の変化、
注意する点などをママさんと話しました。

nagi180629.jpg

それから1年。
本当のお誕生日はわからないけど、
家族として迎えられた日をお誕生日として、
ママさん手作りのケーキで “1歳” のお祝い。

ケーキを前に得意げなお顔。
密になった被毛と立派になった体、
感情を表し豊かになった表情が
この1年の充実を表していますね。

家族として迎え入れてもらい、
人と暮らしていくルールを学ぶ、
初めてのことだらけの1年。
成犬とは思えないスピードでたくさん学んで
みんなにかわいがってもらえる存在になれました。

最近はどんどん知恵がついてきて、
ズルを覚えたり、本音をチラつかせたりですが、
1年前の無表情な姿をおもうと、
愛情を知った子の見せる『ワガママ』も
微笑ましく思います。(もちろん、スルーは厳禁です)

これからの1年。
乾いたスポンジがお水を一気に吸うように、
色々な事を吸収して、実年齢分のお楽しみを
経験しなきゃね!

凪ちゃん、嬉しい1歳おめでとう!!




| Students | 21:36 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FCI 東北インターナショナルドッグショー

こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

暑かったり、寒かったり、日焼けするほどの日差しだったり、
長袖が恋しい雨だったり、調子を崩しそうになりますね。
ワンちゃんの体調不良の相談も多いです。
早めのケアで早い復活を目指してくださいね。

27日(日)山形市で行われた東北インターに
出陳してきました。

今回はミーナちゃんと参(まいる)ちゃん、
参ちゃんは4年ぶりのドッグショー、
JKCチャンピオンを完成して以来久々でした。

180531-11.jpg

180531-10.jpg

セットアップも終わり、出番待ちのふたり。
日頃のお茶目さは封印しておすまし。
このキリリとした姿をはとっても素敵です。

普段は家族と暮らし、日常を楽しみ、
ショーの時はモードチェンジして挑む。
スタンダードな美しさと家庭犬の可愛さ、
ふたつの顔を見せてくれると愛おしさ倍増です。

180531-12.jpg

参ちゃんはママのオーナーハンドリング、
ミーナちゃんは私とのコンビ、
それぞれ頑張ってくれました。

参ちゃんは4年ぶりとは思えない走り、
ミーナちゃんはとっても安定感のある走り、
残念ながら結果は伴いませんでしたが、
それぞれとっても素敵でした。

空き時間はコート(被毛)の調整をしたり、
普段の生活につながるしつけの話をしたり、
実りある時間を過ごせました。

180531-13.jpg

今回は応援係だったツァールトとゼーゲン、
テントの下は心地よい風が流れて
お昼寝にはバッチリな環境でぐっすり。

お仕事の都合で東北地方在住の
パパさん、ママさんにもお会いして、
近況を話したり、過去のレッスン話をしたり、
楽しい時間も過ごせました。

夜中の移動、早朝からの準備はハードですが、
キレイな犬達に触れ、刺激をもらえるので
得る物も多いです。

日頃のコート管理のフォローや
留守中のお店番をしてくれるスタッフが
いるからこそできる遠出、
自分の子の事のように応援してくれる
方達のエールに感謝です。

次の大会も 『 チームZART 』
みんなで頑張ろう!!





| Students | 22:04 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本チャンピオン決定審査会

こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

今日もいいお天気でしたね。
一年中この心地よさならいいのに。

さて、今日は頑張った生徒さんをご紹介。

4月15日(日)に埼玉県の秋ヶ瀬公園で
(社)日本警察犬協会、本部主催の
【 日本チャンピオン決定審査会 】がありました。

180419-1.jpg

ドーベルマンのドラコ君、サブロク君、チャクラちゃんが
それぞれ成犬牡・成犬牝のクラスで出場。
それぞれ飼い主さんがハンドリングもしました。

180419-2.jpg

チャクラちゃんのハンドリングはママさん、
小柄なママさん、大きなドーベルマンと走ります。

180419-8.jpg

サブロク君(左)とドラコ君(右)、
同じ日に同じお腹から生まれた兄弟もこの日はライバル。
それぞれパパさんのハンドリングで参戦です。

協会の定める各犬種のスタンダード(標準)をもとに
走りや稟性などを見るこの審査、
ハンドラーとの一体感も重要です。

180419-9.jpg

心配されたお天気をよそに、時折差し込む強い日差しに
黒い犬達は暑い中頑張りました。

180419-7.jpg

サブロク君は3席に入賞しました。
昨年の走りや日頃のレッスンから
今年の目標、改善点を意識した走りの中で
ステップアップはできたと思います。

180419-6.jpg

チームサブロクでも記念撮影。
来年はもっと高みを目指しましょう!

180419-5.jpg

見学&応援に来ていた恋恋ちゃん&小梅ちゃんの
ファミリーに「頑張ったね~」と
ヨシヨシしてもらいました。

180419-4.jpg

ふたりを相手にボールで引っ張りっこ。
子供たちもサブロクも楽しめました。

180419-10.jpg

お店に戻って、ご褒美タイム。
大好きなヘルマンやアニモンダの缶詰を
ペロリとたいらげました。
『優勝したら山盛りあげるね』と約束しましたが、
次への期待を込めて小盛りで。

180419-11.jpg

お留守番をしていたグーフィー姉ちゃんは
一緒に美味しいを分かち合いました。

ドッグショーに挑戦する犬達は、
持って生まれた理想的な体系を活かしつつ、
日頃の管理によってその美を競います。

ZARTでは大会にでるサポートはもちろんですが、
1年の大半を “ 家族 ” として暮らすために、
ショーマナーだけでなく、周囲との調和、
穏やかな生活のためのルールを学ぶことが
最優先だと思います。

大会に出場し、活躍して好成績を目指す、
並行して大会以外のシーンでも
楽しく過ごせるしつけも大切にする。
『犬と暮らす』
その中で一緒に楽しむ。
それが当たり前になるよう応援したいと思います。

ゼーゲンのインターチャンピオン完成、
ミーナちゃんのJKCチャンピオン挑戦、
スタッフOJのトリミング本部大会入賞、
サブロク君のチャンピオン(G)獲得、

嬉しい結果が続いていますが、
この嬉しいが次の子につながるよう
みんなで楽しみながら頑張りましょう!




| Students | 23:09 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |