| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

素直な子がいっぱい

こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

コロナウイルスの蔓延で気ぜわしい毎日です。
早く収束し、普段の生活に戻るように
ひとりひとりが気を付けたいですね。

そして今夜の関東地方は雪の予報が。
日々の寒暖差で自律神経も乱れがちに。
みなさん、体調管理に気を付けてくださいね。

200328-1.jpg

数日前のお散歩での一コマ。

ツァールトとのんびりとお散歩中、
大きな桜の木がありました。

今年は無理かなぁ・・・と思いながら挑戦。
16歳の春も元気に木登り成功。
安全に配慮しつつも彼の得意げな顔に
わたしもニッコリ。

いくつになっても『やりたい!』という気持ちは
元気の源。
木からおろした後の足取りも軽やかでした。

200328-6.jpg

ある日のレッスン、米(よね)ちゃんと小太郎君、
恋恋(ここ)ちゃん、小梅ちゃん。

それぞれの飼い主さんを見上げて待ちます。
穏やかないい表情だね。

チームで動いたり、個々で動いたりのなかで
犬達の気持ち、直すべき動きを確認。

200328-8.jpg

終わった後に気を付けたい部分、次の目標を
話す時もこの一体感が微笑ましい。

年ごろで指示にあえて従わない反抗も
成長のしるし。
心の中ではその足掻きが可愛いなと思いつつ、
素直になるってラクチンだよと教えたい。

200328-7.jpg

頑張った後も余裕の集合写真が写せました。

リードを持つ人への気持ちによって
がらりと態度を変える犬の賢さ、可愛さを
飼い主さん達も実感してくれた実り多い練習でした。

200328-2.jpg

ウィル君と凪(なぎ)ちゃんはお散歩からの
カフェタイム。

200328-3.jpg

ふたりの穏やかな態度にママ達嬉しそうだったね。

道行く人の視線を浴びても、
ちびっ子達の挑発があっても、
気にせずにゆったりを楽しむ心地よさを学ぶ。

200328-4.jpg

帰り道の後ろ姿。
ゆったり歩けているようだけど、
ビミョーに引っ張ったり、緊張でシッポが
ピーン!と立ってしまったり、
課題がありました。

200328-5.jpg

同じ道を私と歩く姿をチェックしてもらいます。
凪ちゃんのシッポ、低い位置でゆったりと
振られています。
さんにんが並び、一体感があるでしょ?

初めて歩く道でも、初の組み合わせでも、
連れて歩く人への気持ちひとつで
一瞬で“チーム”は成立します。

どちらのレッスンでも、私とのコンビで
良い動きができている子達を見ながら、
「すごい!」「できてる!」
自身との違いを感じてもらえました。

同じ犬なのに態度や行動が違うのは
それだけ犬達が色々を感じているから。

頼れるリーダーには忠実に寄り添う、
関係ができれば犬達は裏切りません。

何よりも犬達からの信頼に応える、
どんなシーンでも裏切らない強さを示す、
それがだいじ。

みんなの変化に嬉しさを感じつつ、
これからの変化も楽しみなレッスンでした。

| LESSON | 22:06 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ご学友からまなぶこと

今夜も冷えます。
なんでも係のKatayamaです。

雪が降った土曜日、グループレッスンがありました。
心地よい屋外で楽しく頑張ろうとしたら、
あの寒さに雪。屋内で実施しました。

午後チームは画像が・・・。(^^;
個々の性格や行動の可愛さ、直すべきこと、
色々な収穫があった内容でした。

現状をしっかりと把握し、良い部分は活かし、
良くない芽は小さいうちに摘み取る。
犬達の動きを制するというより、
飼い主が気付きただすことが大切。

200315-11.jpg

午前中チームはこまゆちゃん、かなちゃん、米(よね)ちゃん。
集うメンバーが違うと犬達の動きも違う。

200315-12.jpg

ママ達に抱かれて話中もそれぞれの動きに注目。
「知ってあげる」はとてもたいせつ。

200315-14.jpg

室内では大きな動きの練習はできませんが、
屋外とは違ったメリットも。
帰宅後のみんなの変化が楽しみです。

200315-13.jpg

真っ白モコモコなこまゆちゃんは、
お勉強からのトリミング。
このモコモコも可愛いけれど・・・

200315-16.jpg

スッキリ変身。
かなちゃんと米ちゃんが見たら
態度が変わるのかな?

「えっ?誰?」という声が聞こえそうです。

| LESSON | 00:39 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

表情が豊かってステキ

こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

お店でつかう洗濯洗剤を買いにホームセンターへ。
洗剤片手にサラッと店内を歩いてみたら・・・
あちらこちらに「〇〇は一家族に1個まで」の張り紙。
ペットシーツ、トイレットペーパー、除菌グッズ、
ハンドソープ、紙おむつ・・・あちこち棚がからっぽ。

新型コロナウイルスの影響の大きさを感じ、
間違った情報による不安の増大での買い占めに
「・・・」な気持ちになりました。
正しい情報に耳をかたむけつつ、
早い収束を願わずにはいられません。

200303-1.jpg

お勉強がんばりました~!
左からバロン君、ミーナちゃん、エーデルちゃん、かなちゃん。
個性豊かな動きが可愛かったよ。

200303-5.jpg

小太郎君、恋恋ちゃん、小梅ちゃん、米ちゃん。
犬種もイロイロ、性格もイロイロ、進度もイロイロ。

どちらのチームも自分の子と頑張りつつ、
他の子の動きを客観的に見ることで気づきになる。
相乗効果があるグループレッスンです。

200303-3.jpg

同じお家で暮らす子達はいつもがグループレッスン。
奥からココアちゃん、ベルちゃん、ナナちゃん、
メグちゃん、サラちゃん(メープルちゃんフレームアウト。。。)

全員で動いてみたり、指示のあった子だけ動いたり、
どちらも大切なのです。

200303-13.jpg

スムースなダックスのチャイロ君。
会うたびにお兄ちゃんになっていくね。
久しぶりに会ってもおりこうさんにできたね。

レッスン時にいつもと違う動きができるということは、
犬は「できる」なんです。
慣れ親しんだ家族といる時間にうまくいかないのは
犬が「できるけどしない」を選んでいるから。

大好きな人の指示をきく。
犬はみんな喜んでできるはずなのです。

ガミガミ言っても、感情的になってもダメ。
慕われる飼い主になる、一貫性のある指示を出す、
イケナイことはしっかり叱り、良い動きはきちんと評価する。

表情が豊かになり、行動も複雑になり、
以心伝心を感じた時の嬉しさ、
みんなに感じてほしいと思います。

レッスンの時だけではなく、日ごろの生活の中で
心穏やかに指示をきくことを“あたりまえ”にしたい。

今の何倍も一緒にいることが楽しくなりますよ。

| LESSON | 21:54 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相互理解

今日はもうひとつ。

こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

色々な犬種・年齢・困りごとの子達が集まる
ZARTのしつけ教室。

『しつけは右利きを左利きに変えるようなもの』

という表現を私はよく使います。
幼い頃にペンを持ち換えたら変更はスムーズ、
大人になって変えるのはちょっと大変。

問題行動の程度や個々の状況によって
多少の差はありますが、基本的にはいくつになっても
変えることはできると思います。

ただ、ひとつ言えることは
飼い主さんがその子にきちんと向き合えるか、
その気持ちで成果はまったく違います。

200217-3.jpg

フレンチブルドッグのプルーちゃんは
お姉ちゃんと“一緒にあそぶ”を練習中。

強い物品欲を上手につかい、
楽しく遊ぶ中で飼い主を慕うことを教えます。

200217-2.jpg

レッスン終盤、柴犬のゴンちゃんとママは
おはなし中。わかっているけど恥ずかしい、
素直になるのはちょっと悔しい、
そんなゴンちゃんの揺れる心も含めて
ママは受けとめ困りごとをなくしていきます。

200217-1.jpg

ミックスのリオ君もママとおはなし中。
緊張さんでドキドキだったけど、
ママの目をじ~っと見つめて
安定した動きができるようになってきました。

レッスンの一コマですが、共通しているのは
自分の子を見つめる飼い主さんの顔が
穏やかでニッコリなんです。

ZARTにはいろんな問題行動に困って
カウンセリングやレッスンにいらっしゃいます。

困った顔、悩んだ顔の飼い主さん達が
いつの間にか愛おしそうに犬達を見る、
頑張ったからこそ得られる嬉しい気持ちです。

なんの問題もなく暮らせたら理想的だけど、
感情があるから、愛情をかけるから、
時には困った動きも出てしまうものです。

ライフスタイルに合わせ、犬と接する。
相互理解が築けたチームは
それまでの何倍も楽しい時間を
犬達と共有しています。

もっともっと楽しい時間を増やしましょう!


| LESSON | 01:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2020年 名古屋はじめ

こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

ZARTIMES1月号にも記しましたが、
年末年始の長期休暇を楽しんだ後の子達は
ご乱心モードになりやすい。

今月に入ってみんなの可愛い“あがき”に
笑ったり、苦笑いしたりイロイロ楽しんでいます。
もちろん、飼い主さんは真剣。
可愛い子の変化を察することができるって大切です。
「あれっ?」と思ったら直してあげれば大丈夫。
この記事を読んで「うんうん、そうそう」と思うママさん、
「ドキッ!」としたママさん、自己申告をどうぞ。(^▽^)

さて、先日今年初の名古屋レッスンでした。
いつものメンバーが集まり、楽しく密なレッスンができました。

200124-2.jpg

ちびっ子チームからスタート。
複数同時だったり、個々だったり、その場の指示で
自分の子をコントロールします。

200124-1.jpg

ママに呼ばれたら普通は左側に並びますが、
ママの真ん前、しかも同じ向きで
器用にお座りしたのはアデル君。
「ついて!」の指示にも
「えっ?何??」とおとぼけさん。
こんなずるい動きがとっても可愛い。
感情があるからこそわざわざやるんです。

200124-4.jpg

ママに体をあずけての歯みがきタイム。
日頃から体中に触れてもらい、ケアしてもらう。
当たり前だけど大切なことです。

200124-3.jpg

ボクはみんなの監督です。
16歳になっても仕事に手は抜きません。
これ大事!

頑張ったご褒美に美味しいものた~くさん。
たくさんの方に接してもらい嬉しいね。
適度な刺激は元気の秘訣です。

200124-6.jpg

「小春がちゃんちゃで手をやいています」
お姉ちゃんから事前申告がありました。

10ヶ月を迎える小春ちゃん(右)は
お姉ちゃんふたり(厳密には1頭はママ)に
譲ってもらえてイケイケモード。

お母さんと濃密に頑張りました。
そのあとの姿が上の写真。
小夏ちゃんとならんで“さんにんで”
ゆったり歩いています。

産まれたその日から家族に愛されて育つ、
羨ましい環境だけど、王子様やお姫様になりがち。
先住犬達がちゃんと学んで今があるように、
必要なルールは学ばないとね!

200124-7.jpg

頑張った後は楽しく遊ぼう!
やる気満々のサブロク君&ココナッツちゃん。

200124-8.jpg

ビーチフラッグのように前方に置いたおやつを
「ゴー!」の合図で取りに行きます。
早いもの勝ちです。

印のおやつを目指して走る4頭。
柴犬親子が優勢。
一歩リードの小夏ちゃんの視線の先はわたし、
小春ちゃんの目はしっかりおやつに。
人との関係の密度の違いもわかります。

200124-5.jpg

至近距離で伏せるふたり。
簡単そうでこの距離感は緊張もします。
ココナッツちゃんはちょっとドキドキ、
サブロク君の安定感はまずまずでした。

200124-9.jpg

今日の〆はぷりぷりのおしり。
ドーベルマンのお尻って他犬種の飼い主さんは
なかなかお目にかかりませんよね。

離れて住む子達が1つの空間で過ごす。
レッスンしたり、見学したり、休憩したり、
色々な過ごし方をしながら空間に馴染み
ゆったり過ごすのも大切な時間。

みんなの豊かな表情をチェックして
充実の1日でした。


| LESSON | 23:51 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT