| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

続・ZART保育園

こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

会うたびに成長している紀州犬の福丸君。
みんなと戯れたり、ゼーゲンの教育を受けたり、
みんなに応援されスクスクと成長中です。

この日はママと1対1で向き合ってのレッスン。
産まれたその日から触れあい声をかけてきたので
人との接点はたっぷり。
母犬のこうめちゃんや一緒に暮らすさくらちゃんなど
犬との接点も多い環境で育ってきました。

ついついみんなで赤ちゃん扱いをしてしまいますが、
彼も生後5ヶ月目に突入、色々学びが必要です。

基本の動作を学び、できたらたっぷり褒める。
ママとのレッスンもとても充実した内容になりました。

頑張った後は・・・

190618-1.jpg

お勉強に来ていたジャックラッセルテリアのてんちゃんと
初めましてのお遊びタイム。

190618-2.jpg

てんちゃんのペースで動いているように見えますが、
福丸君のペースでじゃれあっています。

ゼーゲンと遊ぶ時と動きが違います。
こんな小さい頃から相手の動きや強さをみながら
自分の対応を変えています。
犬ってとっても賢いな~と思います。

190618-3.jpg

福丸君のママに遊んでもらっててんちゃんはご機嫌!
ジャックラッセルテリアらしい快活さを見て
福丸君のママは『勉強になる~!』と思ったようです。

190618-4.jpg

盛り上がっているところにゼーゲン登場。
「あっ!兄貴だ!」
と言っていそうな福丸君の動きの変化が可愛い。
てんちゃんもゼーゲンにはちょっと控えめ。

190618-6.jpg

覚えたての“伏せ”をしてのスリーショット。
てんちゃんも落ち着いて待つことができました。

190618-5.jpg

ふたり並んで撮ることもできました。
目線もだいぶこちらに向くようになりました。

楽しく遊ぶ、しっかり学ぶ。
たくさん褒めて、ダメな部分はきちんと叱る。
犬種の持ち味を壊さないようにしながらも、
社会に溶け込める穏やかさを身につけて
みんなに可愛がってもらえる子にならなきゃね!

てんちゃんもたくさん遊べてご機嫌さん。
お迎えが来るまでぐっすり眠っていました。

ご学友や理解のある飼い主さんが集うからこそ
実現できる他犬との接触。
お互いが成長できる貴重な時間です。

犬達の動きを見ながら反応に配慮して、
みんなでいい子になろうね!

ふたりともお疲れさま~!

| LESSON | 23:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ZART保育園

おはようございます。
なんでも係のKatayamaです。

ZART地方も梅雨入りし、ジメジメな日が続きます。
この時期は皮膚疾患や胃腸障害が増えるので、
いつもより少し気を遣ってあげたいものです。

先日、賑やかなレッスンをしました。
紀州犬のこうめちゃんの子ども福丸君と、
柴犬の小夏ちゃんの子ども小春ちゃんの
初対面に合わせてご学友の集合。

190614-1.jpg

左下から時計回りに、笑顔なRita(りた)ちゃん、
まりもちゃん、米(よね)ちゃん、かなちゃん、
福丸君、お外が気になるきななちゃん。

育ち盛りから大人まで初対面の子も含めて
ひとつの空間で穏やかに過ごすことを学びます。

190614-5.jpg

ママ達におもちゃを使って遊んでもらったり・・・・

190614-2.jpg

190614-3.jpg

190614-6.jpg

一粒種で産まれた福丸君と小春ちゃん、
兄弟犬にもまれることもなく、優しいお母さん犬達は、
仔犬のパワーに押され気味で遠慮がち。

“社会化期”にどう接するかでその子の今後は
大きく変わります。
母犬や兄弟犬との生活で学べない部分を、
先輩犬やご学友との接点で学ぶ、
大切な経験を積む時間です。

190614-4.jpg

おやつも“順番”に仲良く食べる、
よその子が食べている時に邪魔をしない、
もらう時も順番、いい子にしていたらもらえる。
遊びの中でもたくさんのことが学べます。

この空間に9頭の子が集っても、
大きなトラブルもなく穏やかなに過ごせました。
当たり前なようで和犬メインで複数頭、
すごいことです。
でも、ZARTではそれも“あたりまえ”だと学びます。
犬達の動きを見ながら人間がフォローする、
人と犬が一緒に学ぶことも大切。

190614-7.jpg

途中、メンバーが入れ替わりながら3時間近くを
一緒に過ごしました。
みんなでいい子にフレームイン!

190614-8.jpg

「福丸君!私みたいにカメラ目線して!」
早くも小さな小春ちゃんにペースを奪われ
マジメ対応の福丸君。

しっかり者の学級委員とやんちゃなクラスメイト、
そんな雰囲気でした。

仔犬とは思えない表情の豊かさは
産まれた時から家族に愛され声をかけてもらい、
たくさん触れてもらっているからこそ。

ふたりにはとても貴重な経験を積む時間。
お姉さん達は想定外の動きをする仔犬達に
戸惑いながらも穏やかに動く練習に。
飼い主さん達は微笑ましい姿を見ながら、
自分の子の成長を喜び、気になる行動を
今後のしつけに活かす気付きの時間に。

みんなにとってとても良い時間になりました。

もちろん、自分の子が一番だいじ。
その横には同じくらい自分の子を想う飼い主さんがいる。
お互いの動きを気にかけながら、
楽しそうに集う飼い主さん達の姿も
とても微笑ましく、嬉しく思いました。

意識が高く、理解のある飼い主さんに囲まれて
ZARTがそんな飼い主さんや犬達にとって
心地よい空間でいられるように、
私たちも頑張らないと!と思いました。

もちろん、楽しいだけじゃなくて、
ダメ出しもたっぷりですが、それも大事。

有意義で楽しい時間が共有できた
レッスンでした。


| LESSON | 09:45 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大きい子いっぱい

おはようございます。
なんでも係のKatayamaです。

6月に入り、お店のエアコンは連続稼働に。
気温もあがり、秋までつけっぱなしになります。
この夏も頼むね!の期待を込めて
クリーニングが来てくれるのが待ち遠しいです。
去年の記録的な暑さを乗り切ってくれたので
どれくらい汚れているか・・・興味津々です。

今日は大きい子達のレッスンをご紹介します。

190604-2.jpg

この日は、ボーダー&レトリバー6姉妹ちゃんのお家に
ラブラドールのウィル君とウオーカーハウンドの凪ちゃんが
お呼ばれしての“ぷち合同レッスン”になりました。

大きい子達はよそのお家に行く機会も多くなく、
大所帯な子は家によその子が来る機会がなく、
「呼ぶ側」と「呼ばれる側」の練習になる
とてもいい機会になりました。

呼び鈴が鳴って玄関へお迎え、
お部屋にご案内、通されてからの対応と、
それぞれの立場でどうすることがスマートか、
自分の子にどう接したらいいかを学びます。

久しぶりの嬉しい再会にママ達もニコニコ。
犬達の行動もそれぞれでとても面白い。

お茶をいただきながら、近況を話したり、
これまでの経験や失敗を題材に対応を考えたり、
その場の犬達の動きに指示を入れたりして
いつも通りができるようにします。

190604-1.jpg

私がもつおやつに注目!
不特定多数の子が絡む時はトラブルを誘発する
物品(おもちゃ)や食べ物は避けがちですが、
ゆったり待つ習慣がついている子達はこの通り。
もらえる期待と真剣なまなざし、個性が可愛いです。

190604-5.jpg

凪ちゃんとベルちゃん、ゆったりツーショット。

190604-4.jpg

大好きなメープルちゃんと並べてデレデレなウィル君。
よかったね!

190604-3.jpg

(前左から)ココアちゃん・サラちゃん・ナナちゃん・メグちゃん
(後左から)ウィル君・凪ちゃん・ベルちゃん・メープルちゃん

1年ぶりの再会、初めてのお家に訪問、
そんなことを感じさせない穏やかな動きができました。
それぞれの飼い主さんが自分の子達と向き合い、
いい関係を作ってきたからこその楽しい時間。

それぞれの子の“はじめまして”からを知っている私は、
ママさんやそのご家族と一緒に問題点を改善していく過程を
思い出しながら、ゆったりな時間を堪能しました。

犬達も飼い主も楽しみながら、ちょっとした動きにも気を配り、
お互いが心地よくいられるようにする。
とてもいい実戦練習になりました。

次はいつ会えるかな。
今度はうちにも来てね!
そんなニコニコで楽しく有意義なレッスンは終了です。

ZARTに集う方同士で交流が広がったり、
悩みや嬉しさを分かち合えたりすることができる、
とってもステキなことだと思います。

楽しむために自分の子の動きに責任をもつ、
相手に対して気を配る、だからこそ楽しい時間を共有できる。
そんな“あたりまえ”にしていきたいと思います。

追伸:6姉妹のママさん、みんなが帰宅後のお掃除
    お疲れさまでした。
    抜け毛、すごかっただろうな。(^^;


| LESSON | 08:41 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みんなでお勉強 ~ 名古屋編 ~

こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

週末からのうだるような暑さで調子を崩していませんか?
春先の不調も一息ついた頃のこの暑さ。
体が気温や湿度の変化についていくのが大変です。

今日は先日の名古屋レッスンの様子をご紹介します。

190529-1.jpg

朝から暑い日でしたが、空調の整った環境でできる
名古屋レッスンは安心です。

小さい子チームから。
この子達は日常生活に問題がないいい子達です。
「それならレッスンなんていらないんじゃない?」
そんな声も聞こえてきそうですが、
よりよい関係をつくり、もっともっと楽しみたい、
飼い主さん達の深い想いが伝わります。

楽しい時間を共有しつつ、細かい点を見直し、
先につなげるレッスンには笑いがいっぱいです。

190529-2.jpg

ママ達が場所を入れ替え、待っている子を呼びます。
わたしのママはどこかな?
あれ、ママはどこ?
そんな声が聞こえてきそうです。

190529-6.jpg

この日は小夏ちゃんの一粒種、小春ちゃんが初参加。
小さい時からの接し方は成長に大きく影響します。
ノビノビとさせながら、その子の特徴を見極め、
良い所を伸ばし、気になる所を改善します。

190529-3.jpg

サブロク君のジャンプ、かっこいい!
先日の日本チャンピオン決定審査会では頑張りましたが、
1年のほとんどは家庭犬として家族との時間を楽しみます。
犬種の本質を活かしつつ、日常のルールを学ぶ、
これもとっても大切。

190529-5.jpg

物品(おもちゃ)を使って意欲を引き出しつつ、
興奮しても指示を冷静にきけるようにする。
細心の注意は払いつつ、自由な中のメリハリを学びます。
ココナッツちゃんもアクティブだね!

190529-7.jpg

終わった後はみんなで撮影。
仔犬の予測不能な動きに乱されずに、
いい子で撮れました。
普通に待ってる小春ちゃん、オオモノ間違いなし。

頻繁に会えない子達なので、
限られた時間を有意義に使いたい。
行動のチェックはもちろん、健康チェックやケア、
色々なことができました。

190529-4.jpg

最後は・・・
可愛い(!?)姿をお見せします。
こんなに小さくても、しっかり大人と同じポーズをとります。
ちょっと前に生まれた子があっという間に成長、
だからこそ、1回1回の接し方が大切です。

愛情たっぷり、笑いもたっぷりの名古屋レッスン。
また楽しく頑張りましょう!


| LESSON | 21:36 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

じっくり向きあう

またまたこんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

もうひとつ、レッスンの様子をご紹介しましょう。

190509-5.jpg

いい子で待っているのは恋恋(ここ)ちゃんと小梅ちゃん。

いつもはファミリーでレッスンをしていますが、
この日はママが一人で三姉妹とお勉強です。

190509-4.jpg

年齢も犬種も違う3頭ですがやる事は同じ。
体の構造や体調的に無理がなければ
どの子とも同じように接します。

1頭で動く
2頭で動く
みんなで動く

どのような状況でも飼い主さんの声を聞き
冷静に動けるようになるのが理想です。

個々の性格も加味しながらも、
同じように動けるように誘導します。

190509-3.jpg

「おいで~!」
ママの声に反応して走り出しました。
元気に駆け出す恋恋ちゃん&小梅ちゃん、
ママのもとに駆け寄ります。

出遅れた米(よね)ちゃん、
末っ子は飼い主さんとの関係よりも、
先輩犬の動きに依存しがち。
お姉ちゃん達のように自然体で動けるようになろうね。

190509-6.jpg

「いい子だね~、上手にできたね~」
ママからのヨシヨシは何よりのご褒美。
自然にできるアイコンタクトは信頼の証。

190509-1.jpg

ママは米ちゃんのシャンプーにも挑戦しました。

お顔に水がかかることが苦手な米ちゃん、
シャンプーは気持ちがいいよ、
いい子に頑張ればすぐに終わるよ、
気持ちを込めて接します。

普段はZARTに託してもらっていますが、
興味があれば自身で経験していただくことも大切。

洗う、乾かす、爪切り、耳掃除など
グルーミングの一通りと桃尻カット、
スムーズだったり、苦戦したりしながら、
ママ&米は頑張りました。

190509-2.jpg

すっかりキレイになってツーショット。
ふたりから達成感が伝わってきます。

家族だけで頑張るレッスン、
ご学友と一緒のレッスン、
どちらにも意味があり、どちらも大切。

それぞれの子の状態や飼い主さんの想い
目標に沿って内容を選びます。

ロボットのような単一な動きではなく、
個性を活かしつつ、協調性のある動きを目指す。

自分の子の成長はもちろん、
よその子の変化を一緒に喜んでくれる
飼い主さん達に感謝しつつ、
質の高いレッスンをしたいと思います。


| LESSON | 22:59 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT