| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日々成長。日々成長? (^^; その2

またまたこんにちは。
なんでも係のKatayamaです。

先週末、山形の大会に行ってきました。
この日に照準を合わせて、嬉しい結果を目指して。

残念ながら、◎な結果にはなりませんでしたが、
積み重ねてきたものが形になったし、
ショーの最中だけではなく、
早朝から犬と接する間のやり取りの中で、
私がずーっと気付いてほしかった部分を
飼い主さん達に実感してもらえたので、
今後のニッコリに大きく近づけそうです。

好成績はお預けだけど、大きな気づきが得られ、
よりよい関係に繋がるだろうと期待してます。
(ハイ、今回も公開プレッシャーです!)

さて、可愛いレッスンの様子をもうひとつ。

190830-6.jpg

フレンチブルのひめちゃんと白柴犬のゴン君、
初めての組み合わせです。
ふたりともママを見上げていい感じです。

進度の違うふたり、よく動くことではなく、
それぞれがママとの“チーム”として
相互理解のある動きを目標にします。

まずはひめちゃんの状況確認を兼ねて、
競技会仕様の科目を披露してもらいました。

久しぶりのレッスンだったけど、安定感抜群。
いい動きができています。
それを見ていたゴン君のママ、絶賛。
これまでの頑張りがニッコリに繋がるための
いい刺激を受けたと思います。

190830-5.jpg

歩調を合わせての脚側行進。
横を気にせずにゆったり歩けるかな?

190830-7.jpg

「伏せ」の指示でダウン。
この状態でもママを見上げて指示を待ちます。
ママを見上げる視線が可愛い!

190830-8.jpg

レッスンを済ませお店に戻ります。
後ろ姿にもゆったりした雰囲気が出ています。
初コンビだったけど、穏やかに動けたね。

これまでの生活や過去のレッスンでの失敗を
その後の対応に活かすようにしたからこその進歩。

失敗を引きずり、間違いを起こさないように避けるのではなく、
失敗を教訓にステップアップすることが大切。

犬達にも感情があるので反発もします。
飼い主さん達は可愛いからこそついつい失敗から
目を背けて回避してしまいがちです。
直す大変さはあるけど、現状を受けとめ、
よくなることに労力をかけてあげてほしい。

可愛いからこそ、犬達のご乱心に向きあえる
そんな飼い主さんに育てられている犬達は
幸せだな~と思います。

犬の飼い方は人それぞれ。
でも、相棒を正面から見つめられる関係であってほしい、
ZARTのレッスンはそんな想いですすめています。

次はどのチームの後ろ姿に微笑ましさを感じられるかな。
楽しみです。


| LESSON | 16:23 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日々成長。日々成長? (^^;

こんにちは。
なんでも係のKatayamaです。

前回の記事で「アイコンタクト」について
公開ツッコミをさせていただきました。

そして、たくさんの飼い主さんから
“うちの子との関係”についての申告を受けました。
自分の子の動きで、よその子の動きで、
気付きのきっかけになり、見直しのきっかけになる、
とっても大切な事だと思います。

レッスンの時間よりも日々の接し方が
しつけには大切。
犬の気持ちはとても正直。
簡単によくもなるし、簡単に悪くもなる。
(飼い主さんが気付いているかは別として)

日々の生活で、レッスンの時に、ご来店時に、
トリミングの様子で、このブログの内容で・・・
気付けるシーンはたくさんあると思います。
様々なシーンを気付きのチャンスにしてくださいね。

さて、今日はレッスンの様子をご紹介します。

190830-1.jpg

メリーちゃん、ヴィーノちゃん、カンチ君、ランちゃんの
グループレッスンに楓ちゃんとパンジーちゃんが
飛び入り参加しました。

道行く方が立ち止まり様子を見ています。
みんな穏やかな様子で前方にいるパパさんや
ママさんを見つめて指示を待っています。

190830-2.jpg

遠隔操作で伏せの指示を入れました。
みんないい子に待っているね~。

190830-3.jpg

ぴったりくっついて集合写真をとった後、
「おいで!」の指示で呼び寄せます。
カンチ君、一番乗り!

190830-4.jpg

それぞれ一目散に大好きな人のもとへ!
・・・と、いいたいところでしたが。。。
パンジーちゃん動かず。

パンジーママ、ここ最近の接し方で
思い当たるふしがありました。『あっ!』
この気づきが大切なんです。

日頃、大きく困る事がない子達に対して
ついついグレーゾーンを増やしてしまいがち。
関係が確立してしまえば崩れませんが、
構築途上は崩れやすいもの。

ちょっとした時間の飛び入りレッスンでも、
気付くきっかけになります。
次はパンジーちゃんのダッシュ姿に期待しましょう!


| LESSON | 15:54 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名古屋レッスン 7月編

おはようございます。
なんでも係のKatayamaです。

雨が続きますね。。。
ジメジメな季節は湿疹や外耳炎などが多発、
スキンシップとブラッシングを兼ねて体を触り、
耳の中をチェックしてくださいね。
ホームケアで早めの対応を!
(酷い時は獣医さんで処置してもらってね)

今月も元気な名古屋組さんと頑張ってきました。

190711-1.jpg

パパさん方の参加も多かった今回は
日頃のデレデレを一時停止して頑張ってもらいましょう。

犬達が誰の横に並ぶかで態度を変え、
可愛い子達の上手な行動に苦笑いのパパさん。
可愛いやら、困ったやらの表情が微笑ましいです。

190711-2.jpg

ココナッツちゃん&サブロク君のお勉強は、
犬達というより、飼い主さんの対応に注目。

普通にしていたらおりこうなふたり、
でも、使役犬種だからこそ、もっと強い絆をつくり、
飼い主を慕う“目”が見たい!
私のダメ出しがたくさんでした。

と言っていても、いい動きするんですけどね・・・
でも、できるからこそ高みを望みます。
頑張る飼い主さん達には“いい思い”をしてほしいから。

190711-3.jpg

ちびっ子柴犬の小春ちゃんもレッスン。
この時期から接することで「あたりまえ」を教える。

小夏母さんの心配そうな表情、
奥で待つ係な黒いおふたりさんの反応、
表情が多彩でとっても可愛いしおもしろい。

写真に写っていない子達も、前回会った時から、
今日までの家での動きが顕著に出ています。
上達を喜び、よくない動きはきちんと受け止める、
帰宅後からどう接するかで大きく変わります。

190711-5.jpg

レッスンが終わった後は遊ぼう!
この遊びの中でも人と犬、犬と犬の関係が
より円滑になるように接します。

前回は遠慮して引っ張りっこができなかったふたり、
レッスン中にサブロク君のパパさんが編んでくれた
お手製のビッグなひっぱり紐が登場。

私の挑発でやる気満々なふたり。
この表情がたまらない!

190711-4.jpg

できた!
この後もロープがミシミシいうくらいの引きでした。
興奮して意欲的に動きながらも、
興奮しすぎてトラブルにならないよう、
冷静な動きを犬に教え、飼い主がコントロールします。

190711-6.jpg
シメはサブロク父さんと娘の小春、
レッスン日限定な父子ショット。(^^;

小春ちゃんコロコロだったからだもシュッとして
すっかり柴犬になりました。

赤ちゃんのキャピキャピ感から
自分の意思を出せる年ごろに。
小夏母さんの上をいく強い気持ちの持ち主は、
大騒ぎなレッスンでした。

今のうちから、家族との協調性を学び、
触れられる心地よさを教えてあげることが大切。

犬の大小に関係なく、
単にかわいがるだけではなく、
人と暮らすためのルールを教える、
そのうえでたくさんの楽しみを共有する。

レッスンだけではなく、トリミングの話や食事、
日頃の健康管理など内容も充実した1日でした。

「しつけ」だけではなく、犬と暮らす中での疑問、
それぞれの子の行動や体調の変化も含めて
柔軟なフォローを大事にしているZARTのレッスン。

名古屋レッスンに集う子達とは頻繁に会えない分、
この1日を大切にしたいと思っています。

たくさん笑って、パパやママは空調が整った環境でも
色々な汗をかき、賑やかで楽しいレッスンでした。



| LESSON | 08:35 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続・ZART保育園

こんばんは。
なんでも係のKatayamaです。

会うたびに成長している紀州犬の福丸君。
みんなと戯れたり、ゼーゲンの教育を受けたり、
みんなに応援されスクスクと成長中です。

この日はママと1対1で向き合ってのレッスン。
産まれたその日から触れあい声をかけてきたので
人との接点はたっぷり。
母犬のこうめちゃんや一緒に暮らすさくらちゃんなど
犬との接点も多い環境で育ってきました。

ついついみんなで赤ちゃん扱いをしてしまいますが、
彼も生後5ヶ月目に突入、色々学びが必要です。

基本の動作を学び、できたらたっぷり褒める。
ママとのレッスンもとても充実した内容になりました。

頑張った後は・・・

190618-1.jpg

お勉強に来ていたジャックラッセルテリアのてんちゃんと
初めましてのお遊びタイム。

190618-2.jpg

てんちゃんのペースで動いているように見えますが、
福丸君のペースでじゃれあっています。

ゼーゲンと遊ぶ時と動きが違います。
こんな小さい頃から相手の動きや強さをみながら
自分の対応を変えています。
犬ってとっても賢いな~と思います。

190618-3.jpg

福丸君のママに遊んでもらっててんちゃんはご機嫌!
ジャックラッセルテリアらしい快活さを見て
福丸君のママは『勉強になる~!』と思ったようです。

190618-4.jpg

盛り上がっているところにゼーゲン登場。
「あっ!兄貴だ!」
と言っていそうな福丸君の動きの変化が可愛い。
てんちゃんもゼーゲンにはちょっと控えめ。

190618-6.jpg

覚えたての“伏せ”をしてのスリーショット。
てんちゃんも落ち着いて待つことができました。

190618-5.jpg

ふたり並んで撮ることもできました。
目線もだいぶこちらに向くようになりました。

楽しく遊ぶ、しっかり学ぶ。
たくさん褒めて、ダメな部分はきちんと叱る。
犬種の持ち味を壊さないようにしながらも、
社会に溶け込める穏やかさを身につけて
みんなに可愛がってもらえる子にならなきゃね!

てんちゃんもたくさん遊べてご機嫌さん。
お迎えが来るまでぐっすり眠っていました。

ご学友や理解のある飼い主さんが集うからこそ
実現できる他犬との接触。
お互いが成長できる貴重な時間です。

犬達の動きを見ながら反応に配慮して、
みんなでいい子になろうね!

ふたりともお疲れさま~!

| LESSON | 23:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ZART保育園

おはようございます。
なんでも係のKatayamaです。

ZART地方も梅雨入りし、ジメジメな日が続きます。
この時期は皮膚疾患や胃腸障害が増えるので、
いつもより少し気を遣ってあげたいものです。

先日、賑やかなレッスンをしました。
紀州犬のこうめちゃんの子ども福丸君と、
柴犬の小夏ちゃんの子ども小春ちゃんの
初対面に合わせてご学友の集合。

190614-1.jpg

左下から時計回りに、笑顔なRita(りた)ちゃん、
まりもちゃん、米(よね)ちゃん、かなちゃん、
福丸君、お外が気になるきななちゃん。

育ち盛りから大人まで初対面の子も含めて
ひとつの空間で穏やかに過ごすことを学びます。

190614-5.jpg

ママ達におもちゃを使って遊んでもらったり・・・・

190614-2.jpg

190614-3.jpg

190614-6.jpg

一粒種で産まれた福丸君と小春ちゃん、
兄弟犬にもまれることもなく、優しいお母さん犬達は、
仔犬のパワーに押され気味で遠慮がち。

“社会化期”にどう接するかでその子の今後は
大きく変わります。
母犬や兄弟犬との生活で学べない部分を、
先輩犬やご学友との接点で学ぶ、
大切な経験を積む時間です。

190614-4.jpg

おやつも“順番”に仲良く食べる、
よその子が食べている時に邪魔をしない、
もらう時も順番、いい子にしていたらもらえる。
遊びの中でもたくさんのことが学べます。

この空間に9頭の子が集っても、
大きなトラブルもなく穏やかなに過ごせました。
当たり前なようで和犬メインで複数頭、
すごいことです。
でも、ZARTではそれも“あたりまえ”だと学びます。
犬達の動きを見ながら人間がフォローする、
人と犬が一緒に学ぶことも大切。

190614-7.jpg

途中、メンバーが入れ替わりながら3時間近くを
一緒に過ごしました。
みんなでいい子にフレームイン!

190614-8.jpg

「福丸君!私みたいにカメラ目線して!」
早くも小さな小春ちゃんにペースを奪われ
マジメ対応の福丸君。

しっかり者の学級委員とやんちゃなクラスメイト、
そんな雰囲気でした。

仔犬とは思えない表情の豊かさは
産まれた時から家族に愛され声をかけてもらい、
たくさん触れてもらっているからこそ。

ふたりにはとても貴重な経験を積む時間。
お姉さん達は想定外の動きをする仔犬達に
戸惑いながらも穏やかに動く練習に。
飼い主さん達は微笑ましい姿を見ながら、
自分の子の成長を喜び、気になる行動を
今後のしつけに活かす気付きの時間に。

みんなにとってとても良い時間になりました。

もちろん、自分の子が一番だいじ。
その横には同じくらい自分の子を想う飼い主さんがいる。
お互いの動きを気にかけながら、
楽しそうに集う飼い主さん達の姿も
とても微笑ましく、嬉しく思いました。

意識が高く、理解のある飼い主さんに囲まれて
ZARTがそんな飼い主さんや犬達にとって
心地よい空間でいられるように、
私たちも頑張らないと!と思いました。

もちろん、楽しいだけじゃなくて、
ダメ出しもたっぷりですが、それも大事。

有意義で楽しい時間が共有できた
レッスンでした。


| LESSON | 09:45 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT